読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 16年 07号 感想

週刊少年ジャンプ感想

鳥山明先生の描いた両津と秋本先生とのエピソードとても良かったです。


今週のアンケート 1位:食戟のソーマ 2位:火の丸相撲 3位:ブラッククローバー


(巻頭カラー)ハイキュー

烏野優勝!
澤村さん達三年生ズの涙とか、天童さんの「さらば俺の楽園」、牛島さんの「次は倒す」に、MVP月島、そして疲れて食べながら寝てしまう活躍した面々などなど、上げればキリがないほど印象的なシーンが多くて良かったです。
ただ、一つ一つはいいのですが、全体的に終わった感が少ないのは整列の大コマがなかったからなのか、すぐさま東京に話が移ってしまったからなのか・・・。
個人的には今週いっぱいまで使って決勝終わったぞ感を出して欲しかったです。


ワンピース

カボネさん目立ってる!
ペコムズさんの後ろにいて、最悪の世代なのに情けないなあと感じていたので、こうやって前に出てきてギャングらしい動きをしてくれたのは、テンションあがりました。ペコムズさんの変心も納得できるうえで意外性があるのは良かったです。
そしてサンジ結婚!三男だから三児(サンジ)だったのか!
そしてシャーロット姓はビッグマムのものですから、彼女は名前の通り子沢山キャラだったのですな。色々分かってきましたし、面白い展開ので、盛り上がってまいりました!


ブラッククローバー

アスタくん分身ミラージュスラッシュ、かっけぇぇぇぇぇぇ!!!!
ゴーシュさんとアスタくん、闘いながらのどつき漫才は動きもあるし、掛け合いも凸凹で面白いので、この二人は相性いいなあと思いました。
左目に奥の手を仕込んでいて必殺技発動とか中二感もあってすっごい盛り上がりました。絵のインパクトもあるし、面白いです。


(Cカラー)火の丸相撲

ブラッククローバー見た後だと日景さんがすごいゴーシュ先輩に見える(笑)
それはさておき、早くも火の丸くんの必殺技が対策とられていて通じなくなっていたのは普通にショックでした。国宝の顔見せとか悠長な事は行ってられなかった、やばいよ全国・・・。
この緊張感というか、とことん追い込む姿勢はこの漫画のいいところなので、ここからどうやって火の丸くんが道を見つけていくかは普通に楽しみです。


暗殺教室

柳沢さん人間の姿を保ったまま超人になる。
2代目死神さんのマッハ40はまあよくあるパターンなので驚きはなかったですが、茅野ちゃんが言うとおりだった頃とは完全に変わった狂気の天才柳沢さんは怖いと思いました。バトルをどう盛り上げてくれるかは期待です。


背筋をピン!と

宮大工くん声を張り上げる。
柏さんの言うとおり宮大工くんは面白いなあ。デリカシーのない感じは本当に嫌いでしたけれど、最終的にはそのシンプルさ、明らかに暴走しちゃっている感も含めて変な魅力を持つキャラクターになったと思います。
あとは金龍院さん達の大人の余裕(学年二つしか違わないけど)が良かったです。


(Cカラー)(読み切り)フードファイタータベル出張版

もう何がなんだか分からない(笑)
ジャンプ+を読んでいる身としては番外編として(本編の関係性とか世界観とからジャンプしている感じで)楽しめましたが、これが初見の人は一体どういう感想を抱くのかぜんぜん分からない・・・。


ヒーローアカデミア

冒頭物間くん笑った。確かに触れないといけない彼の個性は運用難しいよな実際。
大人組、イレイザーさんは迂闊なと思いましたが(彼の優しさを考えれば仕方がないやられかたでしたが)、虎さんの「そんな女の顔をキズモノにして」の啖呵は格好良かったです。たとえ猫コスプレの変態野郎だとしてもです。
そしてデクくんは洸太くんを助けに。その相手が彼の両親の敵というのは出来すぎですが、彼の闇落ち展開も予想しつつ、オールマイトの後継者としてデクくんがどういう証を示すのかは期待しております。


食戟のソーマ

なんだか今週で薊さんが一気にシリアスキャラから陥落したな(笑)
ラストコマなんか駆けつけてきたえりな嬢も完全にギャグ顔で、薊さんがどういう表情しているのか来週すごい気になっています。
正直期待していた展開とはぜんぜん違いますが、これはこれでとても面白いです。
こうなってくるといきなりボードゲームに例えちゃうところとかもシリアスな笑いに感じられて薊さんがとても可哀想です。


(Cカラー)左門くんはサモナー

モナーキャラ相関図がまったく整理されてなくて笑った。サルガタナスちゃんと天使ヶ原さんの「会えば話す」関係性とかいらないだろう(笑)
本編は左門くんが久しぶりに召還師らしいところを見せたのが新鮮でした。最近だとただの根暗クズモヤシ野郎になっていたからな!


銀魂

銀さんと虚さんを比べて「底なしのバカだ」しめる展開はとても良かったです。
しかしながら、勝ち方がバカすぎて、他の二人に比べてサトリ剣士さん弱いなと印象になってしまったのは惜しかったです。銀さんの方がこの漫画らいしといえばそうなのですが、桂さんと坂本さんが思いのほか良かったので贅沢な悩みです。


ワールドトリガー

二宮さんと加古さん仲いいな。後は犬飼と双葉ちゃんも。その横で驚いている木虎ちゃんも可愛かった。ランク戦とか派閥とかありながらも、こうやって協力できて仲良い感じはとても好きです。
そして太刀川さん。情報をさらっとばらすことによって敵の動揺を誘う感じは強者感ありました。予知にぜんぜんびびってないのは男らしい!


斉木楠雄

東京に雪が降り積もった日発売のジャンプにこれを当てられる麻生先生のミラクルよ。
小学生的なノリのネタは嫌いじゃなかったです。ただピーナッツ上田は寒すぎるので許さない!


ものの歩

みなとちゃんにメガネの娘まで来て信歩くんモテモテでぐぬぬ・・・。ちょっと妬いている感じだったり世話焼きな感じのみなとちゃんはごちそうさまでした。
勝負の方は「振り飛車側にとっても経験値の少ない戦い」は目から鱗でした。銀一枚は確かにでかいですが、事前に研究対策している差はそれ以上にでかいのは非常になっとくのいくアンサーでした。


ブリーチ

夕四郎くんへの矢の刺し方がお洒落だぜナックルさん!
そしてジェラルドさんは仮面勢も一斉に相手をする大盤振る舞いで、どう展開していくか楽しみです。
あと、日番谷隊長は復活したけれど噛ませになる未来しか見えない・・・。それとも滅却師衣装が意外と似合っているのでこんどこそがあるのだろうか?


ニセコイ

見ていて宣言した小野寺姉より、春ちゃんの方が圧倒的にラブコメしているぜ。なので春ちゃんの好感度はいまだに高いです。でもだからこそ楽とはくっついて欲しくない矛盾・・・。
楽の「千棘好きだ、でも小野寺が好みだ」という理屈は未だに意味が不明なのです。ゲスの極み楽。


こち亀

お姉になった両さんが思いのツボって面白かったです。これがギャップ笑いか。


バディストライク

安導くんが死神と呼ばれた理由に関しては今週だけだとイマイチ納得のいかないものになってしまいました。基本的には事故だし、子どもの無邪気に残酷な感じ(犯人をつくりたい気持ち)を考慮しても、たとえば彼の言葉が雄太くんの死期を早めたにしても、彼が最後どういう思いだったのかが描かれていないと何とも言えない感じです。
そのあたりも含めて来週にきっちり過去編まとめてくれたらなと思います。


磯兵衛

武蔵さんと小次郎さんの仲良く喧嘩しているっぷりが微笑ましくて、今週はとても面白かったです。振り回される磯兵衛と大八さんは可哀想だったけれど(笑)