読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー オリンピック代表 AFC U-23選手権 予選 VS北朝鮮戦 感想

サッカー

日本(1ー0)北朝鮮  日本勝ち

オリンピック予選は……勝てばよかろうなのだぁぁ〜〜〜〜!!

いやー、北朝鮮は強かった。技術的な部分はまだしも、個人のフィジカル、スピード、思い切りの良さなどは日本よりも上でしたし、チームとしての練度も高く、非常に苦戦する展開となってしまいました。

それ故にまだ試合の序盤でセットプレーから点が取れたのは良かったですし、きっちり守ることを前提とした今の手倉森さんのチームのペースにゲームを進めることができました。

特にディフェンダー陣は両センターバックは高さではね返し、サイドバックも決してフィジカルで負けずに粘り強く守り、素晴らしかったです。よく集中していました。

しかしながらいくらプラン通りとはいっても、内容は本当に心臓バクバクものの、ハラハラしたタフなゲームでした。本当に勝てて良かった。

この勝利が更なる日本の成長に繋がっていくのだと思います。オリンピック絶対に行くぞ! オー!!


以下、各選手の評価です。

櫛引(6.5)・・ハイボールはやや怖い場面もあったが枠内シュートはきっちりと防いでみせた。
岩波(6.5)・・高さを武器にしてくる相手に決して負けずにゴールに蓋をした。
植田(7.0)・・MOM。値千金の決勝ゴールはチームにリズムをもたらした。守備でも体を張って存在感を見せた。
室屋(7.0)・・積極的なカットで右サイドの相手に仕事をさせなかった。クロスにも体をつけて上手く対応した。
山中(7.0)・・先制点のアシストなどセットプレーで存在感を見せた。守備の方でも危ない場面をつくらせなかった。
遠藤(6.0)・・真ん中で完全に相手を潰しきるまではできなかったが要所は体を投げ出しよく止めていた。
大島(5.5)・・得意のパスを披露する機会はほとんどなく守備に追われた。そこも微妙なミスが目立った。
中島(6.5)・・後半の疲れてきた時間帯でのボールキープはチームに落ち着きと勇気を与えた。
南野(6.0)・・守りに忙殺されていて特徴は出せなかったが、ボールを持ったら冷静にキープして捌けていた。
鈴木(5.5)・・前線でキープしようとは頑張るものの負けていてファールになってしまっていた。
久保(6.0)・・全体的に下がってしまったので孤立することも多かったがボールを持てば迫力のある攻めを見せた。


交代選手

矢島(5.5)・・攻めに変化を付けたかったがそれはできなかった。及第点よりは少し下の出来映えだった。
原川(6.0)・・パワープレイでくる相手のケアにまわり特色はあまり出せなかったが守りきれた。
豊川(ー)・・時間短く評価できず

手倉森監督(6.0)・・勝ちに徹するサッカーで見事勝利を呼び込んだ。追加点を狙う采配をしても良かったかも。