yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

僕は「長生きしたい」派です。

一日過ぎてしまいましたが、敬老の日に考えていたことについて書きたいと思います。

僕が子どもの頃はお年寄りの人達への手紙には「長生きして下さい」と書くことが定番でしたが(むしろそれ以外の事を書くと怒られた)、自分がある程度年をとってくると何の理由もなく「長生きして下さい」は残酷だし、間違っているという気になってきました。

もちろん平均寿命がまだ短かく、長く生きることが豊かさの象徴だった時代は、できるだけ長く生きることが幸福であったことに間違いはないですが、今は長く生きる(医療の発達により生きてしまう)事の弊害もまた(介護であったり、認知症であったり)見えるようになってきました。


だからこそ、今の時代は長く生きるのには「理由」もしくは「目的」が必要なのかなとも考えています。

ちなみに僕は「長生きしたい」派です。まだ目や頭が大丈夫なうちは趣味の映画や漫画を沢山楽しみたいですし、一生をかけた目標として「宇宙旅行に行きたい」というものがあります。

現在では数億円かかる宇宙旅行も、未来に技術が進歩すればするほどその費用は安くなっていくはずなので、僕が健康を維持して長生きすればするほど、チャンスがめぐってくるというわけです。

そのための『宇宙旅行貯金』も、普通の将来のための貯金とは別にしています。

だからもっと人類頑張って発展しろと思っておりますし、その結果として普通の人でも宇宙に気軽に行けるような時代が早く来ないかなと願っております。

ああ、だからこそ長生きせねば!