yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 15年 51号 感想

ヒーローアカデミアのアニメPV見ました。声はけっこうあっていると思うので、期待値膨らんできました。


今週のアンケート 1位:ヒーローアカデミア 2位:ブラッククローバー 3位:左門くんはサモナー


(新連載)(巻頭カラー)バディストライク

KAITO先生新連載。
前作は女の子いっぱいで、スポーツものにしてもだいぶ変化球できた感じだったので、正当派な印象の今作はどうなるかなと思いましたが一話はふつうに良かったです。
「投手の魂を真っ正面から受け止めるのがキャッチャーだろう」と、多少時代錯誤感もあるくらい熱血要素を持ち込んできたのは個人的に好感度高かったです。ミステリアスな雰囲気に加え、ラストの見開きキャッチングの迫力も相まって、主人公の片割れ安導要くんはかなり好きになれた感じです。
一方でもう一人の主人公の荒狼くんはちょっとイマイチのりきれない感じでした。丁寧に投げると暴騰になるという理論が目をそらしてしまうとかだけでは弱くて、ノーコンは彼の怠慢、甘えにしか見えないという点が残念でした(指導者がいなかったというのは分かりますが)。
ですが、この物語は荒狼くん自身が変化していく物語であると思うので、そのあたりを2話以降は楽しみにしていきたいと思います。魂を乗せられる投手になることを期待しています。


暗殺教室

天の矛と地の矛。
最終暗殺期限が1週間に設定され、レーザーは殺せんせー以外は楽に通れるということを踏まえれば、今までの暗殺者さんたち総登場(ガストロさんとか)あるかもしれないですね。楽しみです。
ただ2代目死神さんとかどうするんだろう?
施設破壊を画策して、VSホウジョウさんとかあるのかな。


ヒーローアカデミア

峰田かっけぇぇぇぇ!!!(笑)
流石はモテたいだけで最難関の雄英に受かった逸材だぜ。「オッパイお預けだぜ」も全然キマってないのが逆に彼らしくて素晴らしかったです。
そして青山くん天然ではなく、意外に策士なのではないだろうか。ただ、お茶子ちゃんの事を省みていない感じは、ちょっと危ない気もします。
後は全員クリアーするものだと思っていたら、林間学校に切島、砂籐、上鳴、芦戸ちゃんは行けないことに。他はともかく女子の芦戸ちゃんが行けないのは残念すぎる。
ラストのヴィラン連合は女子高生大期待です。


(Cカラー)食戟のソーマ

扉絵の気合いいれればおっぱいとか透けて見えそうなえりな様のカラーすごい良かったです。
そして本編は、叡山先輩ヌルいなあという印象でした。
個人的には極星寮のメンバーが抵抗することはハナから分かっていたのでそこに驚きはなかったですが、親父の代にゲバ棒とか色々備えていたのは笑いました。そう考えると今は全然ヌルいな今の遠月学園。
しかし、これにてやっと期待していた真剣料理対決になるので、それは非常に楽しみです。


トリコ

グルメ騎士、十年引っこ抜いていても大丈夫♪
本当に丁寧にブルーグリル編やっていますね。三虎さんとか出してアンケートが回復したから、ペースを緩めたということなのだろうか。だったらしまぶーのジャンプ連載の老獪っぷりは恐ろしいなあ。
とりあえずは一龍さんとスライムさん、爺さんと野獣の友情は面白くしてくれることを期待しています。


火の丸相撲

火の丸くんと小関さんの決戦は寄り合いで決着。
実際の相撲において土俵際の寄り合いってすっごい盛り上がるんですよね。互いに力を入れてのギリギリの攻防はとても面白いですし、その感じは十分出ていたと思いました。
あとこの対決に沙田くんの復活を織り込んできたのは上手いなと思いました。ラストの部長の優しさといい、細かいところのケアが行き届いています川田先生。


斉木楠雄

これホラーだ!
一応自分で同人誌とか出して創作活動したりしたことがある身分だと、自分の作品が面白くなくなっていくことは恐怖でしかないので、笑うことができなかったです。怖いよー。


ハイキュー

牛島くんから五色くんへのエールというか事実のみを伝える鼓舞はちょっとゾクッときました。白鳥沢のいいチーム感が出ていたと思います。
相手を上回りたいと思う気持ちがミスを生んだり、ミスサーブが逆に得点に結びついたり、改心の出来のサーブが完璧に処理されたりと、止まらずに動き続けるバレーの緊張感、メンタルの揺れ動きが今週も丁寧かつスピーディーに表現されていて面白かったです。


(Cカラー)背筋をピン!と

ダンスで回し蹴りというインパクトは強烈でとても面白かったです。カラー扉絵で改めて土井垣先輩の印象づけられていましたので、それを上回る印象を本編でぶつけてきたというのも満足度高かったです。
全体的を通してテンションの高く熱い感じが紙面から伝わってきました。
しかしながら引きのこれは蹴りが決まってしまうフラグかなあ?


ブラッククローバー

ノエルちゃん可愛い!ウエイトレス姿もそうですが、アスタくんが「運命の相手」と言ってナチュラルに自分を当てはめているのが可愛かったです。ですがアスタくんは普通にシスター一筋っぽくて道は険しいなと思いました。でもだからこそ応援しがいがありますな。
そしてお話の方もギャグ回でありつつも、いつものブラッククローバーディスる相手をアスタくんがギャフンと言わせる)で安定していて面白かったです。アスタくんファンクラブにお姉さんが加わったのもグッドでした。
あとフッハさん(セッケさん)が普通に再登場して酔っぱらいの下敷きになっているの笑いました。奴のポテンシャルは半端ないぜ・・。


銀魂

めっちゃ幽遊白書の酎戦を思い出しました。
いやー、男はやっぱり石頭ですな。股間についたものの次に固ければ固い方が好まれる部位、男の勲章です(個人的な感想です)。
銀さんも負けを認める石頭ならそりゃあ猿公よりも固いだろうという説得力があって、いい決着でした。


ものの歩

先週の引きの垂れ歩のアンサーが、普通に悪手だったけれど、たまたま試合展開上すごい良い手になりましたというのは、正直う〜んでした。歩を信じるというやりたいことは分かるのですが、あんまり刺さらなかったです。
しかしながら何故か駆けつて一生懸命見てくれる竜胆くんとかはちょっと面白かったです。信歩くん愛されすぎぃ!


こち亀

週間○○などの分冊系雑誌は、昔恐竜の光白骨模型を一号だけ買って挫折して以来見向きもしなくなりました。熱が上がったときにすぐに全部作れないというのは僕にはとてもストレスであることをそこで学びました。
ちなみに本編は、150万円で13メートルのリアルな大和模型が作れるなら、(組立は自分でも)かなりお得だなと思いました。


左門くんはサモナー

笑美ちゃん貧乳といいながらぜんぜん胸あるじゃん(そこじゃない)!
今週も天使ヶ原さんのツッコミがキレキレで良かったですし、左門くんと九頭龍くんのクズコンビが全然上手くいかない天丼具合、彼らが協力して二人仲良く酷い目にあう展開は面白かったです。
しかし召還師は妖怪も呼べるとは、もはやなんでもありだな。


ワールドトリガー

木虎ちゃんまったくデレなかった・・いや、これは少しはデレているのだろうか(困惑)。木虎ちゃんのツンツン具合の牙城は固いです。
あと今週は色々考えすぎていてしんどそうだった修くんが「ワクワクしている」と言ったのは普通にグッときました。修くん頑張って欲しい隊としてはとても嬉しいです。


ニセコイ

えっ!? 橘家断絶したけれどそれは・・・いいのか? いいのか?
なんか上手い具合にまとまったような雰囲気だけど、楽は万里花を選んでいないし、命に関わらない病気で2年の入院が必要なら最初から2年入院して治してから楽に会いにくれば良かったと思うし、いったいなにを争い、なにが解決していったのかが全然分からない結論になってしまいました(むしろ失ったものの方が多かったのでは?)。
見舞いに行くよじゃなくて万里花ちゃんを選んであげてくださいよ楽くん・・・


ブリーチ

狂骨さんが七緒ちゃんの斬魄刀ではなく、お花が産んだ狂骨さんが隠していたのが七尾ちゃんの斬魄刀とはまたややこしい。
しかしながら受け渡しの二人のそのやりとりは、短いながらとても美しい流れだったと思います。それを経ての七緒ちゃん凛々しさが凄い。
そして神剣「八鏡剣」めちゃくちゃリジェさんのビーム反射しそう!(笑)


(Cカラー)磯部磯兵衛

カラー扉絵裏のぷろでゅーす物語の圧倒的グダグダ感と(リアル磯兵衛って誰だよ・・)発表されている内容の普通の衝撃度に、わたくしどんな顔して反応していいのか分からないです。
本編はふんどしを母親に締められて「ありがとう」の磯兵衛と、オチの「ボケぇ〜・・・」が面白かったです。特に「ボケぇ〜・・・」は今週で一番吹きました。


ベストブルー

全部背負って泳ぐのが青野くんの欲しかったもの。だから頑張れるし、進化して速くなるし、水の神ドラゴンとも渡り合える。このアンサーそのものはとても良かったと思います。
あとはそれを受けてどういう決着をつけるか、今週よりもさらに盛り上がる展開と絵を来週期待しています。


(最終回)カガミガミ

先週の「バイバイみんな」からのエピローグは、喪失とわずかな希望を感じさせる雰囲気が出ていましたし、それぞれのキャラクターの行き着いた関係性がしっくりきたこともあって、とても良かったです。
残念ながら終わってしまいましたが、カガミガミはキャラクター同士の関係性はとてもしっかりと練ってあったことは明白ですし、探偵ものや式神アクション、世界の滅亡を争う展開など、いろいろな要素を持ち合わせた作品でポテンシャルは高かったと思うのですが、一つ一つが人気でる前に次の要素次の要素と飛んでいった結果、どこにも落ち着くことができずに最後まで行ってしまったなという印象でした。
個人的にはヒロインの真子さんが好きだったので、彼女との関係性を軸とした探偵ものでもう少し勝負して欲しかったです。しかし現実は厳しかったのでしょうか・・・
岩代先生のラストのコメントが「また何処かで」となっていて、次は別雑誌の可能性も示唆されていますが、是非またジャンプに戻ってきて欲しいです。岩代先生の次回作に期待します。