読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSイラン戦 感想

サッカー

ひとまず2次予選は暫定1位になって安心したので、今回の試合は攻撃や守備などのハリルの戦術の形が見れるといいなと思って観戦してました。

日本(1ー1)イラン 引き分け

スコアとしては同点なものの、決めたのは棚ぼたのような1点だけであり、試合内容はイランの方が上だったため消化不良でした。

攻撃に関しても前半は(暑さや芝生の長さなどの関係もあったでしょうが)足下を狙うのかスペースへ出すのか出し手と受け手の意識がちぐはぐなで、なかなか形にならず、シュートまで持って行くことができず退屈でした。後半は清武が積極的にボールに絡んだり、柏木などのロングフィードなどもあって多少リズムは作れましたが、まだまだといった印象でした。

守備も1対1ではなんとかやられず最低限の強さを見せましたが、PKを与えた場面などを含む不用意なファールが多かったです。

なので最終予選に向けてはかなり不安の残る内容でした。

だがしかし何故か異様に目立つ丹羽と岡崎の味方陣内に攻めいる逆ドリブルは笑いました。


以下、各選手の評価です。

西川(6.0)・・速い攻めの起点になろうとする積極性は良かった。PKは一度止めたし、彼に失点の責任なし。
吉田(4.5)・・不用意なファールでPKを献上をするなど動きが散漫だった。疲れが溜まっていたのだろうか?
森重(6.0)・・1対1では負けなかったしカバーもできていた。ただ攻撃のビルドアップはあまりできていなかった。
酒井高(5.0)・・運動量多いのは良かったが、攻撃でも守備でも多くのプレーに安定感がなかった。
米倉(5.5)・・やはり左サイドでは彼の持ち味の攻撃性は発揮できていないと思われる。守備面では頑張っていた。
長谷部(6.0)・・守備においてはいろいろな場面に顔を出し存在感を発揮。シュートを打つ姿勢を周りに見せたのも良かった。
柴崎(5.5)・・パスを出していこうという姿勢は良かったが受けてとのフィーリングあっていない印象だった。守備ではファールが多く少し危なかしかった。
本田(6.0)・・高徳の連携がうまくいかずボールもなかなか足につかなかったが、点に繋がる鋭いセンタリングを上げて仕事はした。
香川(5.0)・・イージーミスが多くほとんど消えてしまっていた。前半に交代されたのはやむなしだと思う。
宇佐見(5.0)・・シュートまで持って行くプレーがなく、特長がまったく出せなかった。
武藤(6.0)・・消えている時間も多かったが同点に追いつくラッキーゴールを決めた。抜け出したキーパーとの1対1はしっかり決めてほしかった。


交代選手

清武(6.0)・・ボールに積極的に絡んで前半とは違うリズムを作り出していた。闘志も全面に出していたが喧嘩は良くない。
原口(5.5)・・積極的に行こうとしては多少から回っていた。それでも疲れた相手の驚異にはなっていた。
岡崎(5.5)・・味方サイドへのドリブルは笑った。ボールをおさめたり動きだしには安定感があった。
柏木(6.0)・・正確なロングパスなどで日本の攻撃リズムに新たなアクセントを加えた。もっと長い時間見てもいいかも。
丹羽(6.0)・・特に活躍していたわけではないが異様に目立っていた。必死の形相だった。
南野(-)・・時間短く評価できず

ハリル監督(5.5)・・テストということであればもう少し交代が早くても良かった。戦術が浸透している感じは残念ながらイランよりも見られなかった。