yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

TVアニメ『監獄学園』全12話感想 素晴らしい「原作通り」な出来。毎回大爆笑でした

いや〜乱世、乱世。

原作が少し前に話題になって読んでみたところかなり笑えたので、期待はしていましたが、独特のテンポと下ネタ上等のバカエロ作品なだけに、テレビアニメという媒体でその良さが発揮されるか、期待半分不安半分でしたが、視聴を始めてみれば、その不安部分がきれいさっぱり吹き飛ぶほどの素晴らしい出来かつ、声や音楽動きがつくことによって、原作のただでさえ異様に高い緊張感とテンションが増し増しで、大変面白かったです。

内容を知っていても笑えるところはしっかり笑える、しかも場所によっては原作以上に笑える、これはとてもスゴいことだと思います。水島努監督をはじめとしたスタッフの丁寧な仕事のおかげだと、感心しながら毎話のエンディングを眺めていました。

個人的にアニメ化において一番良かったのは、花さんです。原作でも好きなキャラクターでしたが、アニメで更に好きになりました。
特に最終回前のキヨシにプライドをズタボロにされ、極限まで高まった羞恥心と恨みの感情が、屈折した愛にも似た何かに昇華していくシーンは、その動きと声優の花澤香菜さんの演技の迫力が合わさって破壊力抜群でした。「この娘めっちゃ可愛いじゃん!」の再発見でした。

2期に続きそうなエンディングでしたが、是非ともやって欲しいなと思います。