読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 東アジアカップ VS北朝鮮戦 感想

日本(1−2)北朝鮮  日本負け

もしかして、いやもしかしなくても、ハリルの縦に速いカウンターサッカーはアジアでは通用しなんじゃなかろうか……?

……ひじょうに残念な結果に終わってしまいました。Jりーぐからの日程も厳しく、高温多湿の中の過酷な環境ですから、スコアレスドロー引き分けくらいは覚悟していましたが、まさか負けるとは思わなかった。

序盤こそはゲームを支配していましたが、前半途中くらいから相手がロングボールを蹴りだしてからは、中盤の守備がとばされて機能不全に陥りズルズルとラインが下がった結果、セカンドボールは拾えず、攻めるにしても人数が足りなくて繋がらずで、まったくチームとして機能しておらず、ゲーム内容も相手に支配されている恰好になり、内容でも完敗しているという情けない試合になってしまいました。正直ショックでかいです。

ハリルも谷口をアンカーにして対応しようとしましたが、慣れていないせいなのか全く仕事ができず、交代枠で入ってきた柴崎や興梠なども狂った歯車を修正することはできませんでした。

戦術が浸透してないとはいえ、個人のレベルでは勝っている格下の相手の縦ポンサッカーに、こうも簡単にしてやられるようでは、アジアを勝ち抜けるのか、この先不安になる内容で残念でした。

大丈夫なのか、日本代表!?

なんとか次の韓国戦では修正及び、選手の奮起が見られることを期待しています。


以下、各選手の評価です。

西川(5.5)‥やられた2失点に彼の責任はあまりないが止めては欲しかった。1回ボールコントロールミスがあったのは怖かった。
森重(5.5)‥ほとんどの場面において競り合いを勝ってはいたが、1失点目のシーンが唯一やられたところだった。悔やまれる。
槙野(5.0)‥相手のロングボール攻勢に果敢に体を張っていたが、最後は押し込まれてしまった。ポジショニングも失点シーンは悪かった。
藤春(5.5)‥基本的には1対1において負けていなかったが、中に絞りすぎている場面があり、外をフリーにしてしまっていた。あともっと攻撃参加が見たかった。
遠藤(6.0)‥A代表デビューながら1アシスト。いい動きだった。ボール奪取もよくできていて、慣れないポジションながら存在感を見せた。
谷口(5.0)‥守備的ボランチとしての役割を果たせなかった。特に後半アンカー的な位置に入ってからはほとんど効いた動きができていなかった。
山口(5.5)‥持ち前の運動量でボール奪取から速い攻撃に存在感を見せていたが、この熱い中ではその体力も最後までは持たなかった。
武藤(6.0)‥初A代表ながら結果を残す先制点を決めた。ただ裏へ抜ける動きはあまりこのメンバーでは合わせてくれる相手がいなかった。
宇佐美(6.0)‥単独でシュートまで持っていける個人技は相手の脅威になれていた。しかし守備に時間を割かれすぎて、キレは徐々に鈍っていった。
永井(5.5)‥決定機を慎重に持ちすぎて外すなど足元のミスが目立った。自慢の走力を活かせたのは本当に最初だけだった。
川又(5.5)‥前半はある程度ボールを収められていたが、後半はガス欠なのかまったくボールをキープできなかった。決定機も点にはならなかった。


交代選手
柴崎(5.5)‥いいシュートやボールキープなどもあったが相手に傾いた流れをコントロールして戻すには至らなかった。
興梠(5.0)‥まったくボールに絡むことができず前線で孤立していた、やはり10番は重たかったか。
浅野(ー)‥時間短く評価できず。

ハリル監督(4.0)‥普通に戦術負けしたと思う。交対策も機能せず、彼の評価に疑問を持つ結果となってしまった。