yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

ロシアワールドカップアジア2次予選 VSシンガポール戦 感想

ついに始まったアジア予選。勝つことが一番大事ではありますが、相手が相手なので完勝を期待して見ていました。


日本(0ー0)シンガポール  引き分け


ま……まさかこんな結果になろうとは夢にも思わなかった……

なにをやっているんだ日本代表!?

もちろん、シンガポールゴールキーパーが神懸かりに的に当たっていたとか、守備ブロックが最後まで集中を切らさなかったとか、相手が良かったというのはもちろんありますが、それ以上に日本のアイデアの少ない攻撃、ホームで勝てないことの落胆は大きかったです。

ピッチを広く使えといいつつ、放り込むだけでサイドを深く抉るようなシーンはかなり少なかったですし、単調に縦に入れたボールは人数をかけた相手に囲まれてカットされ、たとえ崩したとしてもキーパーの守備範囲で阻まれる、相手が引いてくることの多い、この長いアジア予選において、不安を増大させる結果となりました。

交代選手も力を発揮できたとはいいがたく、試合の流れを変えることができないというのはおおいに問題があると思いました。

う〜ん、悔しいです。これがアジアの難しさか……

まあしかし、決定力不足はたとえ強豪であっても永遠の課題なところがあるので、これをしっかり分析してハリル及び選手たちには奮起して貰いたいなと思っております。

次は頼むよ日本!


以下、各選手の評価です。

川島(6.0)‥ほとんど出番なし。故にミスらしいミスもなし。
吉田(5.5)‥守備では特に問題なし。ただセットプレーなどで相手ゴール前で存在感薄かった。
槙野(6.0)‥守備はよくやっていたし攻撃的意識も随所に見られた。惜しいヘディングなども見せたがゴールまでは至らなかった。
酒井宏(5.0)‥クロスはほとんど相手に当たり、終盤は攻撃でも守備でも痛いミスを頻発した。
太田(6.0)‥左足から繰り出されるクロスはセットプレーも含めてわくわくできるものだった。しかしサイドを抉るような攻撃は少なかった。
柴崎(5.5)‥散らしは無難にできていたが、自身がもっと追い抜く動きなどを見せてもよかったと思う。
長谷部(5.5)‥カバーリングは頑張っていた。縦に入れる際に凡パスミスが幾つかあった。
本田(5.5)‥ヘディングや中に切れ込んで打つなど惜しいシュートを何本か見せていたがゴールは遠かった。
香川(5.0)‥決定機に顔はh出すもののシュート精度が悪く得点に結びつかなかった。消えている時間も多かった。
宇佐見(5.0)‥中に絞るべきか外にいるべきか迷いが見られた。もっとドリブルやミドルなど個人技で打開して欲しかった。
岡崎(5.0)‥密集地帯に張っているだけで存在感がまるで出せていなかった。難しかったとは思うけれど。


交代選手

大迫(5.5)‥ボールをおさめるなどの動きはできていたと思うが、攻撃の一角としての怖さは出せなかった。
原口(5.0)‥ほとんど消えていた。スピードにのった動きを披露する場面が一度たりともなかった。
武藤(ー)‥時間短く評価できず


ハリル監督(4.0)‥この相手にこの内容では正直褒めるところがない。交代策もまったく効果をあげることができなかった。