yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

アプリ『オタサーの姫 〜僕らの姫はデリケート〜』感想 虚しさを感じることもあるけれど、わたしは楽しんでいます

キャラクターデザインが押切蓮介先生ということで興味を持ってダウンロードしましたが、なかなかツッコミ所満載の出オチゲームで面白いです。

まず何より、ヒロインが不細工すぎる(笑)

オタサーの姫を囲いが盛り上げて綺麗に育てていくゲーム(女性は注目されれば綺麗になると思うので理にかなっている・・のかなあ)なので、初期はそれほどでもないのは分かるのですが、これはさすがにあんまりです。

そして育って姫になってもまだあんまり可愛くない。

だが不思議。こんなビジュアルでもリア充にそそのかされてサークルを辞めていくとそれまでチヤホヤしていたぶん(時間をかけて育てたぶん)けっこう悔しいんですよね。そこはとても意外でした。

また、姫がサークルを辞めると部費が増えたり、カリスマ(姫を可愛くするために必要な数値)にボーナスがつくため、こんな奴を寝取っていくリア充バカだろう→なんか悔しい、俺が育てた姫なのに→育てたいからさっさとリア充に捕まって辞めろ不細工!と心境が変化していきました。

我ながら酷いなと思います。

やっていて、なんでこんなオタサーの姫ごときに時間を使っているんだと、正直虚しさを感じることもあるけれど、とにもかくにもしっかり楽しんでいて、現在姫は15代目です。

押切先生の描く美少女好きなので、なんとか最高に可愛いサークルの姫を見るところまでいけたらなと思っています。