yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

世界樹と不思議のダンジョンプレイ記録07:「恐鳥稲魂の如し」は瞬殺するもののさすがに最終ダンジョンは「ぐぬぬ……」一筋縄ではいかないかった……

4月3日:第6迷宮のボス「恐鳥稲魂の如し」弱かったです……

世界樹の葉を5枚くらい持っていたりして準備万端にしてボスに挑みました。最初は様子見で、やばくなったら撤退するつもりでしたが、ガンナーの攻撃が恐ろしいほどよく効いて(100ダメージくらい、他は30〜40くらい)、チクチク攻撃していたら倒せてしまいました、散会していれば基本攻撃を食らうのは一人だけだったので回復も容易でした。
ダンジョンがキツくてもボスがそんなに強くないのは「不思議のダンジョン」らしいとも言えるのかもしれない!
そしてストーリーが進んでいき、ついに世界樹の元へ。サーシャちゃんのくだりとか、ストーリーのシンプルは相変わらずだなと思っていましたが、みんなが避難していくのはちょっと辛かったですね。定番ではあるんですが不思議のダンジョン系はここからの探索が長いので、切羽詰まっているんだけどプレイヤーは急げないので乗りきれないです。
しかしまあ、サラちゃんを笑顔にするために、このあとも頑張るぞ、オー!


4月4日:第7迷宮は難易度がやはり高い、熱い!

第7迷宮「火焔郷ムスペル」の最初の探索は12階に探索砦を作って13階までいきました。今までの感じですと地下30階ぐらいかなとも思うので、10階ごとくらいに拠点を作っていこうかなと考えていたので、1発目でそれが達成できて良かった!痺れや電撃系の攻撃がやっかいなのでそのあたりの対策も必要かなと感じました。先は長い!


4月5日:油断大敵。ちょっと寄り道をして痛い目を見るのはいつものことです(涙

ちょっと寄り道をして小迷宮「断崖の裂ケ目」へ軽い気持ちで挑む。そして地下3階で早くも死にかける(笑)
降りた瞬間にモンスターに囲まれていて闘ったら一気に二人ぬっ殺されました。「火焔郷ムスペル」で地下13階まで行ったパーティーなのになんなんだこの仕打ちは。ちょっと前まで鉱石掘っていたここの方がよっぽど地獄だよ!
……というわけで折られた探索魂を立て直すために、フーライなどの第4迷宮におけるソロクエストを全て片づける。凹んだら無双プレーでテンション凸にする。これで明日も頑張れそうだ!


4月6、7日:明日頑張れるというのは嘘だ。用事を片づけていてプレイせず


4月8日:ボッコボコにされました。流石に最終ダンジョンだけあって「ぐぬぬ……」難しいです。

時間も置いたので新鮮な気持ちで意気揚々と、さらに階を深く潜ろうとしましたが、3回連続の失敗でした。13階から先に一つも歩を進められないという体たらくでした。ガッデム!
ここまで来ると敵がかなりやっかいで、眠れる大獅子にみんな麻痺させれれて動けなくなったり、ラクライウサギの天雷が一人に集中すればそいつは死に、お化けフクロウの幻覚催眠が異常に決まって混乱すれば勝手に装備を外し、罠で一人だけワープで孤立して囲まれる、一筋縄ではいかないどころか、ダンジョン入ってすぐに取り返しのつかないピンチという感じでした。
しばらく「断崖の裂ケ目」か、敵がまだ弱い12階以下の浅い階でレベル上げが必要そうです。ぐぬぬ……