読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSチュニジア戦 感想 

日本(2-0)チュニジア  日本勝ち

とても楽しい試合でした。

たくさんの選手が見れましたし、出ていた選手はみんな新監督ということで気合が入っているのが見ていて感じ取れました。

お馴染みの面子が吉田と長谷部しかいないというフレッシュなスタメンも衝撃的でしたし、後半から出場してきた代表常連組の連帯感も素晴らしかった。

前半は前線からの積極的なプレッシングがかなり効いていて、守備陣は相手の攻撃陣に何もさせませんでした。セットプレーくらいじゃないでしょうか多少なりとも怖かったのは。

そして後半から2人づつ入ってきたメンバーもスタメン同様積極的に走っていて、すでに疲れで足が止まっていた相手をさらに追い詰めていました。

1点目と2点目は流石の香川、本田、岡崎の連携でした。宇佐美のシュートは本当に惜しかった。もっていない男だ(笑)

ボールホルダーへの素早い寄せや、縦へ少ないタッチで繋いでいく攻撃意識、まだまだ連携面には未熟さを残しつつもハリルジャパンの形が少しだけ垣間見れて良かったです。

次の試合も使われるメンバー含めて楽しみです。


以下、各選手の評価です。

権田(6.0)‥ボールがほとんどこなかったが、飛んできたシュートにはきっちり反応していた。
槇野(6.0)‥守備はしっかりと体を張れていたし、スライディングも巧かった。ボール回しはもう一歩速くしたいかも。
吉田(6.5)‥守備の要として流石の安定感。落ち着いてボールを捌いていた。幻に終わったがヘディングゴールは惜しかった。
酒井宏(5.5)‥大きなミスはなく及第点だが、前に行くことはほとんどできずボールを持っても無難なバックパスが多かった。
藤春(5.5)‥運動量を活かして積極的に動いていたが周りとの連携がとれていなかった。前半はゲームに入りきれていない時間もあった。
長谷部(6.5)‥守備に攻撃に多くの場面に顔を出してチームをけん引した。素晴らしいキャプテンシー
山口(6.0)‥守備でボールを刈り取るプレーには可能性を感じた。ただ攻撃にはあまり顔を出せなかった。
武藤(6.0)‥前半はボールが回ってこずに苦労したが、前さえ向ければ迫力はかなりあった。守備でも貢献した。
清武(6.0)‥積極的に動いて攻撃のタクトを振った。センスは感じられたが、もうちょっと両サイドを万遍なく使いたかった。
永井(6.0)‥持ち前のスピードを生かして特に守備で貢献した。裏に抜け出す動きも見せ、前半はかなり目立っていた。
川又(6.0)‥惜しいヘディングシュートがあるなど体の強さは見せつけた。ただトラップが大きかったりとボールはうまく収めれれなかった。


交代選手

本田(7.0)‥1G1Aの大活躍。特にアシストはあの難しいボールをよく上げた。守備もしっかりして最高の出来だった。
香川(6.5)‥前への推進力は流石の一言。清武とはまた違った周りを使う手腕は見ごたえがあった。
岡崎(6.5)‥ハリルジャパンの初ゴールをとてもいい形できめた。落ち着きがありエースの風格があった。
宇佐美(6.0)‥ヒールパスなど攻撃に変化をつけて可能性を感じさせた。3点目をとれていればヒーローだったのだ。
今野(ー)‥時間短く評価できず。しかし試合を無事に締めた。
内田(ー)‥時間短く評価できず。お誕生日おめでとう。


ハリル監督(7.0)‥短い時間で選手たちにしっかりと守備や攻撃のコンセプトを伝えた。試合でも多くの選手を試せたし、本田香川の同時投入や誕生日の内田を入れるなど、結果的に観客を沸かせる采配になっていた。