yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 15年 16号 感想

暗殺教室の映画は不安の方が圧倒的に大きいが、見に行くぞ!


今週のアンケート 1位:食戟のソーマ 2位:ハイキュー 3位:UBS


(巻頭カラー)暗殺教室

体が火照ってしかたがない茅野ちゃん。
回想とかいかずにいきなりバトルはテンポ良かったです。火山弾のごとき触手攻撃も迫力がありました。
茅野ちゃんははたして死んでしまうのか否か、とても次週が気になります。


ハイキュー

烏野三年生たちの追憶。
例えば「スラムダンク」のゴリや小暮先輩の回想もそうでしたが、こういうのには僕弱いです。涙誘います。
あと指導者がいないと不安が生まれる、強豪と試合を重ねないと強くなれないというシビアな点もしっかり描いているのも良かったです。


トリコ

先週見せた小松とかは裏のチャンネル(そしてそれはあの世を指していた)のことだったのかと遅まきながら気づきました。なんだか分からないが、とにかくスゴい展開だ!
そして来週は正体を表したカカさんことブルーニトロVS猿王。これはさすがに猿王が勝つと思うが、カカさんに秘策はあるのかな?


(Cカラー)ヒーローアカデミア

先週といい今週といい、変わった方向性のカラーでした。堀越先生こういうリアル系の絵も描いてみたかったのですね。
出久くんとオールマイトとの関係、轟くんとエンデヴァーの関係は対になっていて、二人が激突したときどういうドラマが生まれるかは今から楽しみです。轟くんの力のジレンマも今週はよく表れていて、やっぱり彼には自らの選択の矛盾を飲み込んで欲しいと切に思いました。
あと、瀬呂くんは頑張った!どんまい!


食戟のソーマ

やっぱり四宮さんがいると作品全体が引き締まっていいですね。
泣いている(笑)副料理長のリアクションからも四宮さんが丸くなったのが分かって良かったですし、ますますキャラに深みが出てきたと思います。
あと久しぶりに女の子の服がはだけるリアクション芸が出てきたのも良かったです。さすが四宮さんだ、着させて脱がすなんざお手の物だ!


UBS

先週ニンジャガールと言われていたももっちが本当に忍者みたいで笑った。見せなかったパンチラもモロレベルで見せてきて、迫力のあるアクションはとても良かったです。リアルではないかもですが、これくらいは許容範囲内です。
そして祭矢くん、いきなり砂とは見損なった(笑)
ここまで外道な主人公もなかなかいないので、その点はおおいに評価したいです。あと地味に武田くんのリアクションが効いていて、そのあたりの作劇も上手いなと思いました。


銀魂

なんかすげえお妙さんが近藤さん相手みたくなっているなあ。一時は銀さんに対するメインヒロインかと思ったが、近藤さんの一念ついに実ったか。まあ今のシリアス時の近藤さんは男の中の男の印象がありますからね。ストーカーなんかじゃ決してないからね。


ブラッククローバー

一人でボケもツッコミもリアクションもこなすアスタくんのテンションが高くていいですね。
ヒロイン候補のノエルさんは、まあテンプレ的なキャラクターですが、ビジュアルがいいので映えていますね。ここから他との絡みでキャラが深まっていってくれると嬉しいです。


ニセコイ

楽くんが結局何もしていないのですが……
お父さん出てくるの早すぎですよ。せめてクロードさんに2、3発のされても立ち向かうくらいの男気は見せて欲しかった。でないと、鶫に言われるまで何もしていなくて、下がった株価が下落したままじゃないですかぁ〜!


(読み切り)(Cカラー)赤毛のアチョー

絵柄はとても可愛いし、バトル描写も迫力があって良かったですが、お話はあんまり面白くなかったです。
特にキャラクターが弱いなと感じました。ガンナーさんなんかも只の強くてハゲたおっさんという印象しかないのでもっと派手にできたと思いますし、小喬ちゃんはもっと面白くも可愛くもどうにでもできて、愛されるきっかけとかもっとドラマチックにして欲しかったです。
作者紹介を見ると20歳(現在は21歳)とまだまだ伸びしろはたっぷりありそうなので期待です。


ブリーチ

「お前は私のために闘ってきたのだ」
陛下がこう言うということは、これまでの一護くんの失態なんかは久保先生も分かって描いていたのかな?
だとしたら最後のカタルシスに繋げるためのものだろうけれど、正直溜め長すぎです。何年も待ちすぎて、もう「期待する」ということすら忘れてしまいそうだよ……


(Cカラー)斉木楠雄

斉木の思考読みとり&念写能力便利すぎだろ!
これは是非ともに欲しい能力!


カガミガミ

烏丸さんのあだ名付けセンスがダサすぎてヤバい。狙ったダサさなのだろうが、デストロイヤーヤバい。
しかしながらマコさんが愛くるしく暴れているのは、見ていて楽しいです。
この後は学校展開みたいで新キャラ期待ですが、マコさんとの絡みが少なくなるのは若干不安でもある。


火の丸相撲

ユーマさん許しをえる。
福本さんの漫画『天』で赤木しげるが「責任をとるという行為は身投げの中にはない、責任をとる道はもっとずっと地味でまっとうな道」云々という台詞がありますがまさにその通りで、「俺がこぼした大関の水を一滴でもいい、俺の勝利で返してやりたいんだ!」というセリフは、ユーマさんが本気で後悔して、今その長く険しい道を歩く覚悟を決めたんだということが伝わってきて良かったです。頑張れユーマさん!


ロギィ

改造パーツの件が台詞だけで説明されたり、アクションの繋がりがよく分からないなどいった残念な点もありましたが、コマの一つ一つの決まっている感じや、敵の台詞まわしの巧みさ、「テンションが上がらねえ」と言いながら倒すロギィのカッコ良さなどはとても光っていたと思いました。
展開では、今回のミッションの少女が仲間になるとは思っていなかったので、どうなるかは期待です。


学級法廷

水着天国、なんて露骨なテコ入れなんだ!
嬉しいけれど、小畑先生のそんな必死な感じ見たくなかったという気持ちもかなりあります(ラルΩグラドはもとからああいう方向性なのでOK)
あとお父さん参戦ですが、正直脅威だと思うより「海パン一丁は当たり前だろ、プールの時間だぞ!」とか「学級会に親が出てくるなよ!」という感想しか浮かんでこなかった……


ワールドトリガー

茜ちゃんの引っ越し事情は、未成年だし親御さんの意向が無視できないというのは分かりますが、B級に所属する紛れもないエリート隊員をそんな簡単に手放していいのだろうかという疑問は残りました。
それはさておき、千佳ちゃんの派手な橋落としは良かったです。迫力もあったし修くん良い判断だと思いました。
「全員倒す」と言っている那須さんがかなりの貫禄を見せているので期待しています。


こち亀

中川が株を100倍で買うところとか多少無理矢理感ありましたが、勢いあって良かったです。現金なんてかさばるものを信用しすぎちゃいけないという教訓にもなっていたと思います。
それにしても新人警官中村くんが、お金も111倍になって返ってきたし、武勇伝もみれたし一番得したな(笑)


卓上のアゲハ

犬子くん戦決着。個人的には限界を超えた犬子くんに対してアゲハくんも限界を超えて欲しかったけど、普通に実力で勝ってしまったか。
「俺TUEEE!」でもなく本人が成長する展開なわけでもない、中途半端な感じです。
新キャラ投入はテコ入れ感満載だけど、期待しています。


磯部磯兵衛

便意とは思わず神に祈ってしまうほどの最強の敵。「うんこ行くの悟られたくない」はもう卒業したが、小学生くらいまでは確かに自分もそうだった。
オチの雰囲気は煽り文も含めて、なんか好き。