yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 15年 14号 感想

新連載4連弾が出揃う。けっこういろいろな方向性があるので、誰が生き残るか、これから化けてくれるか、楽しみです。


今週のアンケート  1位:トリコ 2位:ハイキュー 3位:食戟のソーマ


(新連載)(巻頭カラー)ウルトラ・バトル・サテライト

読み切りであった「あばれ猿」からキャラクターだけ残して設定などをがらりと変えてきたのがとても好印象でした(読み切りそのまんまよりは新鮮味が出るので)。
喧嘩上等、卑怯上等、バッキボキ骨が折れて、血がびゅんびゅん飛び散る格闘モノというのは近年のジャンプで考えれば珍しい感じですが、「BOY」などが好きだった身からすれば、なんだか懐かしい感じもして、面白かったです。
ヒロインのももっちに関しても、僕はゾクゾク興奮系女子というのは好きなのでグッドだと思いました。
カラー扉絵を見るといろいろな武術が出るみたいなので、いろいろな異種格闘技戦期待です。


食戟のソーマ

メガネ秘書子ちゃん最高だー!いぇーい!!
お客さんを今いるメンバーでは回しきれないという課題に対して、メニューを絞るから一歩進んだ、完全予約制をとるというのは意外性がありました。えりな嬢の方も田所ちゃんにちゃんと見せ場あって良かった。
「仕事をただ回すだけでは駄目」というのは実際の社会ではその通りではあるのですが、なかなかそれができないのもです。仕事覚えてちゃんと回せるようになるまで1年半くらい僕もかかりましたし(業種によるんでしょうが)、それからじゃないと新たなる改善点なんて見つけようもありませんでした。遠月の生徒はマジで優秀なんですなあ。


ワンピース

ゾロカッコいい!
巨大ピーカさんを連続でまっぷたつにするというのは絵的な迫力もあって爽快でした。
「飛ぶ」ことにオオロンブスさんの力を借りたり、石の掃除をキングパンチさんに任せるというのも、ゾロが戦闘しかできない(しかしそのお分野では圧倒的に頼りになる)キャラとしてちゃんとたっていて良かったです。


(連載2回目)(Cカラー)ロギィ

ロギィさんはどうやって勝ったのかいまいちよく分からなかったです。細かくバラバラにしたんだろうけれど、その後どう処理したのでしょう?
「癇にさわる」も何にかかっているのか分からなかったです。
ロギィさんの女好きな感じやきっぷのいい性格などは好感が持てましたし、姉と弟のやりとりなんかはとてもいい演出だったので、最後にそれらが一気にはじけるカタルシスが欲しかったです。


ヒーローアカデミア

うわあああ、尾白くんの活躍が見たかったのにー!!
葉隠ちゃんの裸にツッコんだり、ヒット&アウェイだったり、「2度目はないぞ」と言ってたりする、地味な彼が活躍するのを楽しみにしてした身としては本当に残念でした。
組み合わせではダークホース枠と思われていた心操くんといきなり当たったこと、2回戦が轟くんということなど、いろいろびっくりしました。順当にいけばベスト4で飯田くん、決勝で爆豪くんでしょうが、はたしてどうなるか?
個人的にはお茶子ちゃんと爆豪くん戦が楽しみですね。爆豪くんがお茶子ちゃんの名前を心に刻む展開とかあってもいいと思う。


ハイキュー

死闘決着。ボールが落ちるまでどちらに転ぶか分からない展開は手に汗握りました。ラストのラスト、変態速攻という最大の武器できた影山くん、読んでいた城西の面々、そこから上を行く日向くん、それすら読んでいたけれど届かなかった及川さん、本当にハラハラドキドキしました。いい決着だった!


(Cカラー)暗殺教室

扉絵の茅野ちゃんセクシー! そしてインタビューの松井先生かなりのイケメン!
前半の強い茅野ちゃんにはかなり興奮しましたが、仕切り直しになったのは素直に残念でした。展開に無理はまったくないですが、先週の勢いそのままに、ここで取り返しのつかない決着まで行って欲しかったというのが本音です。
しかしながら過去と絡めることで新たな興味も出てきましたし、渚くんやクラスの面々がどう動くかなど、次の展開はふつうに期待しております。


ブラッククローバー

基本的には予定調和な感じですが、アスタくんが今まで散々否定され続けてきた夢をヤミさんが「魔法帝になってみせろ」と言って肯定する展開は良かったです。信頼感が生まれたね。
そしてユノくんヤンデレ気質が。「未来日記」のヤンデレクイーンも我妻由乃ですし、これがユノという名前の運命か……


斉木楠雄

金持ち才虎くんに対する反応は、窪谷須くんと海藤くんの反応がイマイチだったぶん、燃堂の反応が良かったです。ちゃんと驚いたうえで意味が分かっていないという。
「ケチくさい」からの胎内から万札と一緒に出てきたの流れは笑いました。


トリコ

電シャークさぁぁぁぁんんんんん!!!
カカさんマジおこで、対するペット達がすっごいやられそうで不安です。
そして猿王方面は、ゼブラさんの顔吹いた(笑)四人の一番手前にゼブラさんは卑怯だ。
先週4人で踊っていたことに出てきたアンサーもなかなか面白かったですし、それがラストの合体技に繋がるという流れも綺麗で、ふつうに感心しました。
猿王さんはきっと最後に腹パンするのが正解に違いないと思うのですが、どうなんでしょう。


カガミガミ

冒頭謎のマコさんと恭介くんのラブラブ名前の呼び合い展開、扉絵含めてなんとあざとい……
ホローラビットさんと獅土さんの闘いは迫力あって良かったです。獅土さんは先週「噛ませすぎる」と断言してしまって本当にすまなかった。できる御方だったんですな。


ニセコイ

盗聴をしていたという事実で、読者的に好感度がだだ下がりだったクロードさんではあるが、トイレやお風呂の際に切っていたことと、その後の凹むリアクションや鶫への「お前は間違っていない」発言で、少しは取り戻せた印象でした。それでもまだ十分低いままですが(まあ憎まれキャラだししょうがない部分ではあります)
あと好感度低いといえば楽くんも相当なので、この奪還作戦で少しでも好感度あがればいいなと思います。


(Cカラー)ブリーチ

「こんなこともあろうかと」と相変わらず安定のマユリ様。頼りになるの度合いが違うぜ!
そして藍染さんの封印を解く鍵、なんという舞台設定だ。センスありすぎて震えた。さすが久保先生だ。、格が違う。


銀魂

イッツ・ハードボイルド!
ここで全員が集結してくるのは期待通りの展開です。新八もふさぎ込んだままではらしくないですからね。


火の丸相撲

三橋くんの中にこんな根性というか自分本位な部分、いい意味でのエゴがあったのは意外でしたしとても良かったです。キャラに深みが出た。
そしてレイナさん、はだけたのがユーマさんならもっと違った反応を見せてくれたであろうに、無念。


学級法廷

証拠VS論破という対立構造は面白かったですが、依頼人を差し置いての対決はなんというか空虚な感じがあるので、来週のアバクくんの論破がこの事件をどういう風に決着つけてくれるか楽しみです。人間味のある決着を期待します。


こち亀

逆壁ドンか。ドンに関しては微妙ですが、美人に耳元で積極的姿勢で囁かれるというのはロマンがあるので。骨抜きになるのは分かる。
この京華さんシリーズは、インテリ組が結果肥え太っていくのに多少違和感があるので、個人的にはあまり楽しめないのが難点です。


ワールドトリガー

村上くんが勝ったけれど油断していないというのが謙虚で良かったですね。あとは那須隊が女の子チームかつ、病弱っぽい隊長がなんか萌えました。
この話のどこが伏線になって闘いが繰り広げられるか楽しみです。


卓上のアゲハ

奥義サーキュラースイングささっと破れる。奥義の撃ち合いというには燃える展開だと思うのですが、ふつうにターン制で破りあっているだけだとイマイチ盛り上がらないです。「どちらの技が勝つんだ?」みたいなタメがどこかで欲しいなと感じました。


磯部磯兵衛

「いろいろ」を通り越して、もはやシュールの域……本当だよ!?
アホすぎて面白かったです。