yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーJ2 2015年順位予想

Jリーグ2015年のシーズン開幕まであと1週間ということで、J2の順位を予想してみたいと思います。

シーズンが終わった後に自分で「当たってたー!」とか「外したー!」とか言って楽しむ用です。


1位:ジュビロ磐田

ジュビロサポーターがジュビロの優勝を信じないでどうするのか!
前田や山崎など前線のメンバーがごっそりいなくなって当初は不安しかありませんでしたが。元イングランド代表のジェイも獲得したし、上田や太田などの懐かしいメンツも即戦力として帰ってきた。ネックのGKもカミンスキーを補強して闘う体制は整いました。今年こそJ1への復帰を果たしてみせる!


2位:大宮アルディージャ

ザ・過剰戦力その1。家長やムルジャなどはJ2ではかなりの大暴れをすると予想。主力がかなり残っているので、ふつうに昇格を決めるのではないかと思います。


3位:セレッソ大阪

ザ・過剰戦力その2。かなりのメンバーが残留したうえに関口や玉田なども獲得して、去年より戦力アップしているんじゃあ状態。
しかしカカウフォルランがいつまでいるかは不明なので、自動昇格圏には入れないと予想(でもプレーオフで上がる)。できることならこの2人にはジュビロのホーム戦までいてもらって、是非スタジアムで見たいです。


4位:ジェフ千葉

なんだかんだでやはり強い。プレーオフ圏内には普通に入ると思う。しかし今年も繰り返してしまいそうな気がする。
そうならないよう、関口さんの腕の見せ所。


5位:徳島ヴォルティス

チームのエース高崎はいなくなったが佐藤に長谷川といったJ1でも通用するFWを入れたので戦力はさほどダウンしていない印象。去年のJ1のトラウマを克服できていれば自動昇格争いできる力もあると思う。


6位:コンサドーレ札幌

小野に稲本といった黄金世代コンビが揃うなど夢のある布陣。若手の戦力も経験を積んできたと思うので昨年よりも順位を上げていきそう。


7位:大分トリニータ

約半分のメンバーを入れ替えての博打は個人的には吉と出ると思うが、チームとしての結束が高まるまでに時間がかかりそうな印象がある。


8位:ギャラバンツ北九州

昨年は5位と大躍進したが、今年も昇格条件を満たせていないので、実力はあるが群雄割拠の混戦に巻き込まれ、プレーオフは難しいかもしれない。


9位:京都パープルサンガ

昨年同様のスタイルを上積みした感じになりそうだが、守護神オ・スンフンが抜けた穴は大きいと思う。重要な場面で取りこぼしそう。


10位:ファジアーノ岡山

司令塔上田が抜けた穴をどう埋めるかが勝負だと思う。だが、岩政が加入するなどして守備力はアップしたので、攻撃の形ができればもっと上にいけるかも。


11位:アビスパ福岡

なんといっても井原新監督の手腕に期待。中村北斗なども加入して戦力もアップしたので昨年よりも順位を上げてきそう。


12位:V・ファーレン長崎

オフでは抜けた選手と同等の選手をうまく補強したという印象。守備ベースがあるので大崩れはしなさそう。


13位:ロアッソ熊本

「RISING 絆 180万馬力」というスローガンをじつは初めて知ったのが面白いスローガンだと思う。インパクトある。
戦力的には昨年と同程度なので、順位も昨年と一緒を予想。


14位:横浜FC

昨年とほぼメンバーが変わらないので、今シーズンは外国人新監督とともにチームを作っていくシーズンか。若干順位は下がると予想。


15位:栃木SC

特に目玉の補強があるわけでもないので、上位進出は厳しそう。
ところでジュビロからGKの竹重くんが移籍していったが、彼は試合に出られるのだろうか?


16位;ザスパクサツ群馬

新加入のアクレイトンらブラジル人3人の出来次第ではあるが、なんだかんだである程度は成功しそうな雰囲気があるので昨年より順位は上がりそう。


17位:水戸ホーリーホック

鈴木などベテランが抜けて平均年齢が下がったことがどう影響するは正直未知数。若い選手が多いだけに大きな成長ができればあるいは。


18位:東京ベルディ

コウチーニョら新外国人の出来次第ではあるが、大きくは成功しなさそう。しかし大当たりかもしれないのでそこを期待したい。


19位:FC岐阜

昨年から一気に戦力ダウン、お祭り前の夢のあと。しかし川口がいるので頑張ってほしいです


20位:カタマーレ讃岐

昨年はなんとか残留を果たした。今シーズンも厳しい闘いになりそうだが、昨年の勝ち残った経験はおおいに糧になると思う。


21位:愛媛FC

昨年の不適切な会計処理が響いてチームとしての勢いが出なさそう。同県の今治が岡田監督効果で元気なので、ここは正念場。頑張ってほしい。


22位:ツェーゲン金沢

J3からの昇格してきたシーズンだが、やはり厳しい戦いになると思う。実力的には一番下であることを自覚して、どこまで謙虚に闘えるかがカギになると思う。


今年もJ2を楽しんでいきたいと思います。

あとJ1編は明日あげます。