yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSジャマイカ戦 感想  もっと点が欲し−い!!

日本(1−0)ジャマイカ  日本勝ち

アギーレジャパン初勝利はとてもめでたいですが、正直3点、4点くらいとれても良かった試合だったと思いました。

しっかりと守って縦に速く攻めるコンセプトは、前線からのショートカウンターから何度もチャンスが作れていたことから見ても、だいぶ形になってきたかなという印象でしたが、フィニッシュがとにかく精度がなかった。相手のきゅっと伸びてくる長い足や身体能力にてこずった部分もあるでしょうが、圧倒的にランクが下(ジャマイカはFIFAランク100位)の相手にオウンゴールのみの一点といのは考えものだと思います。

課題だった守備もだいぶ安定しているように見えました。というか、最初から細貝をアンカーに、森重をセンターバックに据えていれば良かったんじゃないかというのが正直な感想です。ともあれアギーレ監督がやっと選手の特長を理解しだしたというのが一番の収穫だったように思えました。

とまあいろいろ不満はありましたが、今回は代表初キャップの塩谷くん、地元出身酒井高徳が、ものすごい気合いが入っているのがプレイから伝わってくるのが良かったです。新しい選手、チャンスを貰った選手が活躍するのは見ていて気持がいいものです。

さあ、次はブラジル戦。現時点でどこまでやれるのか、期待半分、不安半分ですが、楽しみたいと思います。


以下、各選手の評価です。

西川(6.0)・・バックパスを受けての相手のプレッシャーをまったく気にせず正確にボールを回す様はどっしりとしていて良かった。空中戦も負けなかった。
森重(6.0)・・足の速い相手に対してポジショニングと体の強さで自由にさせないディフェンスで、危ない場面を作らせなかった。
塩谷(6.0)・・積極的に前に出てボールを奪取に行く姿勢でよく相手の攻撃を防いだ。代表初キャップながら連携も安定した。
酒井高(7.0)・・攻守にめまぐるしく顔を出して、大きなミスもなく、チャンスを幾つも作っていた。今回の試合のMOM。
長友(5.5)・・後半攻撃で存在感を見せたものの、あわや一点もののパスミスをするなど、守備はところどころ不安定だった。
細貝(6.5)・・アンカーとして相手を潰す動きはとても効果的だった。縦パスもよく決まっていて、日本が終始ゲームを支配できていたのは彼の活躍ありきだと思った。
柴崎(6.5)・・一気に前線を追い抜いて攻撃に顔を出す飛び出しはとても迫力があった。ゲームメイカーとしても存在感を見せ、その様は貫禄があった。
香川(6.0)・・前半は大人しかったが後半は攻撃で特長を出した。しかしその分守備が開いてしまっていて、そこからカウンターをくらうのは危なかった。
本田(6.0)・・攻撃ではしっかりと存在感を見せ、守備にも貢献していて素晴らしかったが、決定的な一対一を外したのはいただけなかった。
武藤(6.0)・・ドリブルはとても迫力がありチャンスを作り出していた。惜しいヘディングシュートもあった。動きの質が高まればもっといけそう。
岡崎(6.0)・・ポジショニングはとても良かった。屈強ででかい相手に一歩も引かず、積極的に裏をとる動きはとても驚異になっていた。点まであと少し。


交代選手

小林(5.5)・・なかなかボールが回ってこず苦労したが、終盤はらしさも少し出せた。こぼれ球がきた決定的チャンスは決めて欲しかった。
柿谷(5.5)・・ボールタッチは柔らかく巧さがあったが、もっと積極的にゴールを狙う姿勢が欲しかったと思う。
太田(ー)・・時間短く評価できず
田口(ー)・・時間短く評価できず


アギーレ監督(5.5)・・だいぶコンセプトが浸透してきた様子なのは良かったが、交代は相変わらず遅すぎるうえにまったく効果的ではなかった。