読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

OVA『ガールズ&パンツァー〜これが本当のアンツィオ戦です!〜』感想 丁寧な作りがとても好感が持てたOVAでした

アニメ

ちょっと前にDVDで全話見てとても面白かったので興味を持ち、ちょうど昨日感想を書いた『超高速参勤交代』を見る前の時間にさっと見れそうなので、ビデオで見ようと思っていたけれど劇場視聴しました。

観客は60人ほどで、男オンリーでした(作品上しょうがないですね)


公式サイト → http://girls-und-panzer.jp/


TVアニメ全13話感想 → http://d.hatena.ne.jp/yukiaki042/20140604

ガルパンファンには大満足のとても出来のいいOVAで大満足でした。

39分という短い時間で、特別上映1200円という値段設定でしたが、十分満足できるできる内容でした。

まだまだぎこちないメンバーの戦車道練習風景や、この闘いの後に参戦するメンバーのちょっとした前日譚、そしてTV版ラストの絵に繋がっていく展開など、ファンサービスたっぷりですし、TV版のラスト2話に匹敵する大迫力の戦車バトルは劇場で見ると迫力満点です。

個人的には対戦するアンチョビ率いるアンツィオ高校のアホの娘っぷりが可愛すぎました。それは戦車道の闘い方にも表れていて、何度でも立ちが上がる豆戦車達は素晴らしかったです。主人公達の大洗女子学園以外では一番好きな対戦相手になりました。

TV版を少なくとも7話(ED後の最後のネタを理解するまでには最終話)まで見ていることが前提ですが、それまでを見て気にいったならば、是非見るべき作品だったと思いました。

劇場で見れてとても良かったです。これは次に公開予定の真の劇場版も大期待です!


ちなみに劇場特典で貰えるフィルムは、秋山殿の貴重な号泣シーン(タマネギ切って涙流しているだけですが)でした。あんこうチーム好きなので、良かったです。