yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 ワールドカップ予選 VSコートジボアール戦 感想

いよいよワールドカップ本戦、内容よりも、とにかく結果が欲しいと思いながら見ていました。


日本(1ー2)コートジボアール  日本負け


完敗だ・・・・・・、コートジボアール強かった。

日本のいいところが全く出ない試合でした。細かいミスが多くて日本の特長であるパスが回らずポゼッションがまったく高められなかったですし、激しい雨に高温多湿の環境のためか運動量もいつもに比べて圧倒的に少なかったです。

対してコートジボアール常にボールを支配される苦しい展開、それでも粘り強い守備に加えて本田が先制点をあげて前半を終了、劣勢ながらも理想的な展開に「これはいける!」と思って前半を折り返しました。

しかし後半はそうはいかなかった。長谷部に代えて遠藤を投入して、なんとかポゼッションを高めようと試みますがあまり上手くいかず、そこに投入されたドログバに流れを持って行かれてしまいました。

前半に吉田、後半に森重がイエローカードを貰って、あまり積極的にいけない中で新たにドログバを見なければいけず、それで変わった相手システムの動きに慣れる前にたてつづけに2失点してしまいました。

なんとか反撃をしようと大久保や柿谷を投入して攻めようとしますが、ボールを支配され続けていたため、体力的に消耗していて動きが悪く、結局最後までポゼッションを高められることなく、相手のペースで試合が終了してしまいました。

パワープレイを捨てたはずのメンバーでパワープレーを最後してしまう姿は、悲哀すらありました。

完璧な力負けなうえに、逆転されての敗戦ですから、ショックがおおきいです。僕はテレビを見終わったあと、気力が沸かずにふて寝しました。

自分達の4年間作り上げたサッカーができなかった選手達も相当なショックでしょうが、まだ予選の第一戦、切り替えて次のギリシャ戦に臨んで欲しいとおもいました。


以下、各選手の評価です。


川島(5.5)・・可もなく不可もなく。失点シーンは止めて欲しかったが仕方がなし。ただ攻撃に転ずるボールを繋ぐスローとかはできなかった。
吉田(5.5)・・危なっかしい場面が多く、PKを与えそうにもなったが、体を投げ出してよく守っていた。失点シーンは森重と少し連携が乱れた。
森重(5.5)・・相手に当たり負けしないフィジカルは存在感があった。1失点目は相手を褒めるしかない。
内田(6.0)・・屈強な相手にも当たり負けせず、攻撃でも決定的な場面を作った。しっかりとコンディションを作ってきた印象だった。
長友(6.0)・・追い越す動きを積極的にしていたが、使われる場面が少なかった。守備も頑張っていたが、周りとの連携の問題か、彼のサイドから失点のきっかけを作ってしまった。
山口(5.0)・・運動量の多さを活かして守備の多くの場面で顔を出したがラストはガス欠した。攻撃の時には微妙なパスミスが多かった。
長谷部(6.0)・・よく守備をしていたし、劣勢の中でチームを鼓舞していたが、途中でピッチを退いた。後半交代は既定路線だったのだろうか?
岡崎(5.5)・・守備に忙殺されていて、特長である相手の裏に飛び出す動きができなかった。
香川(5.0)・・動きがとにかく悪かった。ピッチコンディションもあるが、ここ最近で一番動きが悪かった。センタリングを簡単にあげさせるなど守備も軽かった。
本田(6.0)・・貴重な先制点を上げた。劣勢の際も積極的にボールを追うなど奮闘したが、自身がボールを持って存在感を示す機会は少なかった。
大迫(5.5)・・相手との競り合いにはある程度は勝てていた。しかし自身が攻撃の連動パーツになる機会はほとんどなかった。


交代選手

遠藤(5.0)・・期待されていたポゼッションを高めるプレーをこなせなかった。守備の面でも長谷部に比べて軽かった。
大久保(5.5)・・流れが悪い中での投入のためか、ほとんどパスが回ってこずに何も出来なかった。サイドになってからは少し絡んだが、決定的な仕事はできず。
柿谷(ー)・・時間短く評価できず

ザック監督(5.0)・・結果論ではあるが、遠藤の交代は早かったと思うし、大久保のタイミングは遅かった(1失点の時点ですぐに変えるべきだった)。ラストがパワープレーになってしまったのは完璧な迷走采配だった。