yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

みうらじゅん、宮藤官九郎『どうして人はキスをしたくなるんだろう?』感想  だらりと読んで、だらりとどうでもいいことを考えるのが心地いい本


どうして人はキスをしたくなるんだろう?

どうして人はキスをしたくなるんだろう?


週刊プレイボーイに連載されている、みうらじゅん氏と宮藤官九郎の対談が収録された本です。

答えの出ない、しかし決して考えたことがないわけではない日常の素朴な疑問を、それぞれの立場で、ゆるい(答えなんて出さなくてもいいやみたいな)スタンスで語ったもので、お二人の人となりに興味がある場合はもちろん楽しめますし、時々はっと気づかされるようなことも書いてあって、読み物としても面白かったです。

僕は学生時代部活サッカーをずっとやっていたスポーツ男子でしたが、心はどちらかといえば非モテの文化人だったので、二人の過去エピソードや、現在の考え方などに、おおいに共感できましたし、笑わせてもらいました。

そして同時に自分だったら「どうして人はキスしたくなるのだろう?」という質問にどう答えるかなと想像してみることは、思った以上に楽しかったです。二人の対談に絡むようなイメージで考えた答えは、自分が思っている以上のものが出てきたりして、自分の新たな発見ができました。いい「質問」の書だったと思いました。

どうでもないことを、だらりと考えるって楽しいなと再認識させてくれた本でした。