yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 2013年 48号 感想

「ワンピース」が休載なのは先週から知っていて、もやっぱり載ってないと寂しい。


今週のアンケート  1位:ナルト  2位:ソウルキャッチャーズ  3位:ニセコイ  


(巻頭カラー)ナルト

「うんとこしょ、どっこいしょ。それでも尾獣は抜けません」
まさかの童話「大きなカブ」展開というか、綱引き展開すっごく面白かったです。
「小さな力でも使いようだ」がまさかこんな形で使われるなんて、完全に予想外で大笑いしましたが、「大きなカブ」は最後はとても小さな力が最後に加わってカブが抜けるという話ですし、ある意味ではとてもナルトらしい展開だったと思います。
最後の一押しが誰になるのか、どういうきっかけで抜けるのか、とても楽しみです。


暗殺教室

カルマくん普通に勝ってしまったぬ。
多少成長しすぎな気もしますが、普段の特訓の相手が人外殺せんせーに日本最強烏丸先生ですから、納得できる範囲ですし、「奇遇だね」のコマの顔とかとても嫌らしい感じで良かったのでオッケーです。


食戟のソーマ

カレーとスパイスについての説明回。
矢に貫かれる田所ちゃんの服がスケスケになったのには作者の狂気を感じられて良かったです。飾り気のない下着がエロい!!
そして二回り近くも年下の男の子に呼び捨てにされる汐見さんはキャラとしては嫌いではないですが、まだまだ印象が薄い感じです。できるなら彼女独自の食べるリアクションは欲しかった欲しかったです。


(Cカラー)磯部磯兵衛物語

「全部努力するだけでいいじゃん」・・・・・・っておいっ!!
三話掲載の一番目は、夏休みの宿題を計画通りにできたことがない身分には多少自分を顧みる部分はありましたが、めちゃくちゃ笑いました。このクオリティを毎回維持して欲しいです。


トリコ

自分の中ではメテオスパイスは、かつての兄弟を殺すことにより枷を外した人々への怒りの具現、もしくは人々への怒りと兄を失った哀しみの折り混ざった魂の叫び、という解釈だったので、一龍さんが死んでいないのは嬉しいですが、逆に「じゃあ、メテオスパイスって何なの?」と、いろいろと混乱して複雑でした。


ニセコイ

マリーさん可愛い回。照れた表情や健気な笑顔など、強気と弱気のギャップを武器に闘うマリーさんの魅力に溢れた回で僕は大満足でした。御影さんは相変わらずちょっと引いてますが、アシスト役としては素晴らしい仕事をしたと思います。


銀魂

朝右衛門さんと夜右衛門さんの最後の斬り合いは最初よく分からなくて何度も読み返しました。これ銀さんが結局は夜右衛門さんの刀をぶち折ってるんですよね。さすが白夜叉、すげえっ!


(Cカラー)黒子のバスケ

無冠の五将を止め、フックで点も決める、水戸部さん回。ある意味では誠凛で黒子以上に影が薄い男がやってくれたということで、テンション上がりました。決勝戦らしく一人一人見せ場を作っていく展開なのかな?


べるぜバブ

アメリカに行った経緯と状況説明回。「母親ならもうここにいるじゃねーか」という男鹿がさりげないイケメンで良かったです。やはり正妻はヒルダさんだな。
そして藤君を倒そうと意気込む殺六縁起の皆さんは・・・・・・すいません、負けフラグにしか見えなかった!


斉木楠雄

斉木×燃堂回であったか・・・・・・
燃堂の石が飾られる展開とかは予測内でしたが、まさか斉木の精神が心配になるほどの友情回になるとは予想外でした。濃厚や。


ソウルキャッチャーズ

ダブル最優秀曲受賞に驚く神峰くんと伊調くんの顔笑いました。これ自体はある意味で想定の範囲内でしたが、その後の他のメンバーのリアクションで、これ(天頼高校を破っての受賞)が実にすごい事だと分かって良かったです。会場の外にいる犬をも足を止める演奏に打ち勝ったんですから、まあそうですよね(笑)
そして伊調のお爺ちゃんから神峰ばかりが怒られるのを聞いて、暗黒面に落ちる伊調くんはちょっとびっくりでした。これはものすごくパワーアップして戻ってきそうで、期待大です。


焼野原塵

新キャラのゴルゴンさん及び誓いの門幼女Verは今回不発だったと思いました。ギャグの分量が今週は少な目だったので、もっと増し増しでいってほしいと思います。


(Cカラー)ワールドトリガー

ものすごい奇をてらったということではなく、今ある手持ちの武器で考えられる範囲で一生懸命やったという感じが出ていて良かったです。最初にトリガー説明も入れてくれて説明してくれたのも親切でありがたいですね。
ただ、この引きだと風間さんには当たってないだろうなので、もう一つお互い意地を見せる展開が欲しいかな期待しています。


ハイキュー

及川さんと影山くんの先輩後輩関係は面白いですね。師匠展開かと思いきや、言いたいこと言って後ほっておくのも、よくよく考えれば及川さんらしくて良かったです。
しばらくはべつべつに修行期間。必殺技の完成がお互いの和解のタイミングになりそうなので、その時に向けてどういう盛り上がりも見させてくれるか見物です。


HACHI

ドラキリーさんは不死鳥だった。しかしバッカスさんの騙し討ちにあっさりやられてしまった!
う〜ん、予想外だけど期待からも外れた展開だったかなと思いました。今週くらいはドラキリーさん強い展開でも良かったと思うんですよね、バッカスさんが幻術でぎりぎり逃げたみたいな形にして。
でないと、なんというか粋がって早々やられた情けない人にドラキリーさんがなってしまっていて悲しい感じです。


(読み切り)珍子ちゃん

「左手はそえるだけ」吹いた。
テンポのいい男女コンビの漫才・コントを見ているみたいで面白かったです。友情・努力・網走の下着など、小ネタも効いていて、けっこう満足感がありました。四コマの滑り具合をのぞけば、いい読み切りだったと思います。


ブリーチ

バンビエッタちゃん猛る。一瞬ドラゴンボールか思いましたよ(笑
今週の展開は「じゃあどうして彼らは卍解を奪ったの?」という疑問がどうしても浮かんでしまう内容で少々混乱しましたが、次週以降で説明してくれると助かります。
ですが、完聖体が出てきたことにより、やっと前哨戦を終えて本番になったと思うので、それぞれの完全決着を期待します。


こち亀

プラレールは全然分からないのであれですが、昔見ていたローカル電車を今見るとテンションが上がるという感覚だけはなんとなく分かりました。


ひめドル

新キャラ蛇塚さんはなんで不良なんかやってるのか分からない娘だなと思いました。家のことしようよ・・・・・・
ただメイドポーズとかは似合っているので、このままずっとメイドでいればいいなと思いました。


クロクロク

千秋ちゃん恥ずかしい台詞禁止!
千秋ちゃんてこんなキャラだったけと思いつつも、サヨちゃんや威対さんとの絡みが面白いからこれはこれでよし。
クロクさんのバトルはもうちょっと妖怪の性質薀蓄とかが事前に出されていた方が親切だったかもしれない。