yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 13年 46号 感想

尾田栄一郎先生と清川あさみさんのコラボ表紙はちょっと微妙でした。刺繍だから印刷だと良さはあんまり伝わってこなかったです。実物みればまた違ったんでしょうけれども。

今週のアンケート 1位:暗殺教室 2位:密漁海岸 3位:ワールドトリガー


(巻頭カラー)ワンピース

ローさんドフラミンゴと刺し違える覚悟を見せる。
ドフラミンゴもそうですが、ローさんの経歴や目的もなんだかんだで謎(明かされていない部分)が多いので、これではっきりさせてくれると嬉しいですね。しかしそれを全て語ったら退場フラグな気もするので、なんだか心配です。生き残ってくれローさん!!


黒子のバスケ

ゾーン火神くん洛山を圧倒。気持ちいいくらいの無双展開ですね。そしてラストで出てくる勝敗の見えない敵。少年マンガの王道展開です。身体能力差が段違いな相手に赤司
くんがどう対抗するか見物です。


暗殺教室

経口感染のイメージ絵のウイルスパンマン凶悪すぎるだろう(笑)
名探偵不破、そしてニーキックの烏丸先生と今週も見所多くて面白かったです。
不破さんの言うことは一理ある。僕も少年マンガを普段から読んでいるので、イザという時の対応はばっちりです(ドヤっ)
烏丸先生はカッコ良かったけれど、スモッグのガスを吸って戦線離脱。緊張感はさらに増しましたが、個人的にはもっと指揮等で活躍してほしかったなあ。
敵ボスは「日本政府」のワードが出てきたから再び鷹岡さんの可能性が出てきたなあと思ったり。だとしたら渚くんとの再戦は楽しみですね。でも傷は誰にやられたんでしょう?


ナルト

カカシ先生のオビトさんの心情解説はちょっと蛇足だと思いました。それはわざわざ説明しなくても分かるし、語らなくても十分熱い展開なので。


斉木楠雄

昨日までのエターナルダイヤモンドベロニカの演奏の比喩笑った。「死にかけのアブラゼミみたいな汚ねえ音」てセンス良すぎな表現でしょう。これは流行る、某動画サイトなどで!


(Cカラー)食戟のソーマ

親父が作ったのは肉や魚を使わないこってりラーメン。
昔『虹色ラーメン』というファンキーな食漫画がチャンピオンに連載されていて、その中の麺王八人衆の一人麺聖王が、これと似たラーメン精進ラーメンを作っていました。そして主人公を倒した(笑)そして主人公は失意のあまり海に行き、そこで波にさらわれて行方不明に。そして海で遭難したところを八人衆の一人麺海王に拾われて云々。この漫画では実は肉や魚を使わないって、ラーメンという食べ物ではとても難しいことなんですよというのを強調していて面白かったです。
あと個人的には日本のラーメン界のドンが、イタリアの麺職人相手にうどんを作ってその美味さに驚愕した相手が「みね打ちだ。これがラーメンなら私は死んでいた」と悟って、抜け殻になり料理を作れなくなってしまうシーンは涙なしにはみられなかった・・・・・・って、俺「虹色ラーメン」の話しかしてねえ!


ニセコイ

もう春ちゃんと楽くんは付き合ってしまえばいいのではなかろうか?言いたいこと言い合えるし、趣味もばっちりあってるし、なんだかんだで一番微笑ましいカップルなのではないかと思えます。


HACHI

葡萄の目ん玉はなかなかインパクトがありました。ゼウスさんはこの世界の植物そのものなのですね。23宮全ての土台であり、全てを見通す者、そう考えるととても恐ろしい。
そしてこれからバッカスさん討伐だが、残念ながらテッキンはこの区にはいないと予想。あんな連れ去られ方をして半年もたっているのだから生娘なわけぇゴフン、ゴフン。


銀魂

関係ないけど、巻末近くの来週号次回予告で「かぶき町自販機戦争勃発」となっているのですが、この流れで自販機戦争とか、まったく予想できなくて、なにそれすごく見たい!


ハイキュー

それぞれの高校の特徴が明らかになるなか、梟谷学園の変なツンツン頭の方が全国5本の指に入る大エースだったことが一番の驚きでした。へいへいへーい!


(Cカラー)(読み切り)密漁海岸 岸辺露伴は動かないエピソード6

ドドドドドの効果音とともに、大量の鮑にくっつかれつつタコの触手にさらされながら、水中でドヤ顔している露伴さんは、今週のジャンプ誌面でどんなギャグ漫画よりも一番笑える瞬間でした。
スタンド使いである2人が、ただの鮑に殺されかける展開はとても衝撃な内容でしたし、とても面白かったです。
個人的には、1回目よりも2回目の方がホラー調の演出が全部ギャグに見えて面白かったです。特に駕篭いっぱいの鮑がひっくり返って「うわああああ」というシーンなんか、1回目は露伴のピンチカットですが、2回目は超絶なギャグにしか見えない。


トリコ

三虎さんがフローゼを愛していながら、その言葉を最後まで理解できないとう展開は分かりますが、それは刻まれた傷のせいなのか、彼の過去が原因なのか、それとも生来のキャラクター性によるものなのかまでは言及されなかったのが残念でした。
あと関係ないけれど自分のボディを殴るのではなく、肘打ちするカットは悲しい展開のはずなのに、ちょっと笑ってしまった。


焼野原塵

パフェを一心不乱にパクパクするユリ子ちゃんが今週は一番狂気を醸し出していた。
しかし吉丸くんよりも「塵×ユリ子ちゃん」の方が強くなってきた気がするなあこの漫画。既に吉丸の恋は敗北しているのではなかろうか?


ワールドトリガー

前半は木虎ちゃんがとても可愛く、ポーカーフェイスだったのに珍しくいろいろな顔が見れて楽しかったです。その中でも修くんが憧れの烏丸先輩の弟子と知って嫉妬にかられて白目になる顔は笑いました。
そして今週一番の見所は千佳ちゃんでした。超絶トリオンを見せつける展開はこちらの期待通りでした。微妙にウザい佐鳥さんを黙らせたのも良かった(笑)
そして風間さんが何故か修くんに突っかかっていく展開も予想外でした。これは来週期待。


ソウルキャッチャーズ

指揮者というのは方法論はどうあれ、演奏のクオリティをあげ、観客を熱狂させれば勝ちなのです。
結果的に指揮者が前を向くことで演奏のクオリティが上がるというのはインパクトがあるので、観客の心が戻ってくるという展開は納得でしたし、神峰くんの能力とも合っていて、アイデアとして、とても面白かったです。
先週のゴーストと闘うのかという引きから、背中合わせになって闘わないというアンサーも素晴らしかったと思います。


ブリーチ

すごいぞ浦原さん!いや、ウラえもん!
これで滅却師側は卍解を使った瞬間即死亡ですし奪われるリスクもない。辻褄は合っているけれど、心情的には超展開すぎるぜ!


べるぜバブ

網被せられて正座させられてる女性ってなんだか卑猥じゃありません?ものすごいアブノーマルな感じがします。


こち亀

すごいスズキ推しな内容でした。前半完全に宣伝漫画じゃないか


ひめドル

読み切りの内容に戻った・・・・・・だと?
同じ要素を繰り返しているのも残念でしたが、それ以上にこの決戦方式が納得いきませんでした。美容師の要素とかほとんど関係なくなく、完全にアイドル演出がきまった方が勝ちじゃないですか。謎勝負になってる。


クロクロク

米粒が一つ一つばらける舎利ストラップの出来の良さに驚愕せざるえない。しかも綺麗に再組立可能。これは商品化希望。