読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』感想 これが筒井康隆の考えるラノベなのか・・・

筒井康隆が「ライトノベル」を書いたということで、筒井御大が一体ライトノベルをどう解釈したのかということが一番の気になり所で読みました。

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

びっくりしました。なんだこの小説、と思いました。 

いきなりヒロインが手コキを始めるなんて!

筒井康隆にとって「ライトノベル」とは「美少女の手コキ」なのか? と驚愕せざるえませんでした。

繰り返される描写、キャラクターやシチュエーションが少しづつ変わったエロいシーン、後半はめちゃくちゃなSFになりますが、前半のこのよく分からんエログロナンセンスな文法が筒井康隆が最初に考えた「ライトノベル」なのかなと僕は思いました。

妄想を垂れ流すオナニーとも違う、ともすれば恋愛のように読んでいる方も傷つく恐れのある文学とも違う、とにかく読者が読んでいて気持ちのいいものを追求しているものが「ライトノベル」とするのなら、それは確かに「美少女の手コキ」と言い換えても遠くはないかもしれないかなと思いました。

思ったけれど……、うん、やっぱり違うな!

ただの酷い話だ。いつもの筒井康隆だという結論でした。