yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSガーナ戦 感想

日本(3−1)ガーナ  日本勝ち

日本逆転勝利! なんだかんだで同格の相手に勝つというは嬉しいものです。

コンパクトに人数をかけて攻める日本と、広く展開してカウンターや後ろの選手の飛び出しでチャンスを作るガーナの良いところがお互いよく出た前半だった。不運なボールの転がり方で先制点は許したが、時間の流れがたつのが早いと感じるほど、面白いゲームでした。

後半は、長距離移動の疲れのためかガーナの足がだんだん止まっていった。そのため様々なところでマークの受け渡し等が甘くなっていて、そこを日本がしっかりと突いた。特にそのきっかけとなった香川の個人技は素晴らしかった。

後半途中からは完全に日本のペースだった。結果として3得点を決め、しっかりと勝てた。

コンディションを考えれば勝って当然のゲームだが、それをしっかりと勝ちきったのはよい経験になったと思う。見ている方も気持ちが良かったです。

 
以下、各選手の評価です。


川島(6.0)・・フリーキックや一対一など防ぐべきボールをしっかりと防いだ。失点はキーパー的にはノーチャンス。
今野(5.5)・・判断ミスで相手FWに振り切られるなどやってはいけないミスがあった。しかし全体的にはよく守っていた。
吉田(6.0)・・どっしりと構えて安定の守備をしていた。ビルドアップもしっかりとこなしていて、自信は戻ったようだった。
長友(6.5)・・素晴らしい運動量で左サイドのどこにでも彼がいるようだった。体も強くガーナの身体能力にも引けをとっていなかった。
内田(6.0)・・ゴールシーンは不運にも背中にあたってゴールを許してしまった。イエローカード以外は及第点。
遠藤(6.5)・・1G1A。最終ラインから前線までよく動いていた。特に相手の足が止まった後半の存在感は素晴らしかった。
長谷部(6.0)・・縦に激しく動いて攻守によく顔を出していた。ファールが多かったのが気になったがピンチをよく紡いでいた。
清武(6.0)・・自身の役割をきっちりこなしていた。ただ、後半は消えてしまっている時間も多かった。
香川(6.5)・・個人技で同点ゴールを決めた。積極敵にシュートを撃つ姿勢が久しぶりに見られて良かった。
本田(6.5)・・真ん中の高い位置でボールをキープし日本の攻撃を牽引した。一本大外しもあったが、点を決めてしっかり挽回した。
柿谷(5.5)・・裏を狙う動きは日本の攻撃の新たなヴァリエーションになっていた。しかし完璧にははまらなかった。シュートを撃ちたかった。


交代選手

酒井高(5.5)・・つり出されたり、詰め切れなかったりと守備のポイントが少しずれていた印象。攻撃時はよく上がっていたがあまり使ってもらえなかった。
大迫(6.0)・・3−4−3ではなかなか力を出せなかった感じだが、前を向いた際の迫力はあった。
森重(6.5)・・守備も安定していたし、攻撃時にもドリブルで相手を躱してチャンスを作るなど存在感を見せていた。
山口(ー)・・時間短く評価できずだが、もう少ししっかりゲームに入って行けたら良かった。
斉藤(ー)・・時間短く評価できずだが、仕掛けようという意識は見られた。
槙野(ー)・・時間短く評価できず

ザック監督(6.0)・・途中まではとにかく勝ちにいき、勝ちが決定してからはいろいろ試すという、無難な采配だった。