yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSグアテマラ戦 感想

日本(3−0)グアテマラ  日本勝ち

前半はグアテマラが頑張っていた。守備のブロックをしっかりと作りスペースを作らせなかった。日本はボールを回せてはいたが、守備陣があまり積極的にあがっていかず人数がかけられなかったし、バランスを意識しすぎてかリスクをとってでも崩していこうという姿勢が薄かった。ボール支配率は高くシュートも打ったが、結果としては相手にうまく守られていてしまっていた。

後半は本田と柿谷を投入。ハーフタイムで喝を入れられたのか、チーム全体がゴールに向かって積極的に動くようになっていた。
本田が真ん中で起点を作ることにより、それをきっかけに周りがうまく連動できていた。柿谷も素晴らしく、ポストとしても、個人で仕掛ける動きにしても、相手に嫌な動きをしていたと思う。

3バックになって以降は明らかにバランスが悪くなっていて少し残念でしたが、後半の日本は見応えがありました。

面白かったけれど、主要メンバーがいなくなった時の新たなオプションは見つからなかった印象です。そして日本が本来の自信をとりもどせるかどうかは、次のガーナ戦が正念場。楽しみです。


以下、各選手の評価です。


西川(6.0)・・ボールはほとんどこなかったが、来たときにはしっかりと対応した。ボールを出さずに足で繋いだシーンも持ち味を出した。
吉田(6.0)・・前半はそれほどでもなかったが、後半の積極的にボールを奪取しにいく姿勢は素晴らしかった。そういう動きが見たかったのだ。
森重(6.0)・・ヘディングで存在感を見せた。吉田とともに高さができるのは心強いこと。守備面でも落ち着いてた。
長友(6.5)・・左サイドを豊富な運動量で一人で支配していた。先制点に繋がるセンタリングは見事。
酒井高(6.0)・・攻撃でも守備でも特にミスはなく及第点。ただ、相手を考えればもっとリスクをとっても良かったかも。
遠藤(6.0)・・支配率が高い中でよくボールを動かしていた。しかしながらもっとバランスをとるだけでなく積極的なパスが欲しかった。フリーキックはごっつぁん(笑)
長谷部(6.0)・・縦への意識を持ったパスは後半とくに相手を崩す驚異になっていた。しかし相手のレベルを考えれば、プレッシャーが少ない中でらしくないミスもあった。
岡崎(6.0)・・積極的にゴール前に顔を出す動きは良かった。あとはゴール前での落ち着きがもっと欲しかった。
清武(5.5)・・なかなか中に切れ込めずに苦労していた。しかしいいミドルを撃つなどチャンスを作ろうとしていた。
香川(5.5)・・意表をつくプレイでボールを持ってからの輝きは見せたが、前半はシュートに行く意識が少し薄かった気がする。後半は少し真ん中に絞りすぎていたと思う。
大迫(5.5)・・レギュラーメンバーで初スタメンという立場を考えればよくやったとは思う。しかしここで半端ない活躍はできず、なかなか生き残りは難しそう。


交代選手

本田(6.5)・・真ん中で起点を作ることによって他がしっかりと生きていた。先制点をとったヘディングも流石の決定力。
柿谷(6.0)・・常に裏を狙おうとしているなど相手の嫌がる動きをしていた。囲まれながらもボールもしっかりと収めていた。あとは得点があれば。
工藤(6.5)・・最初はうまくゲームにはいれていないかなと思ったが、いてほしい所にしっかりといて、得点もとった。センスを感じた。
今野(6.0)・・3バックのサイドでプレイ。ほとんど出番はなかったが、しっかりと役割をこなしていた。
青山(ー)・・時間短く評価なし。途中出場だがゲームにはしっかり入れていた。

ザック監督(5.5)・・スタメンメンバーは相手に上手く守られ期待したような結果は得られなかったが、後半の修正は見事。しかし最後の3バックはちょっと意味不明でした。それより現行のスタイルでいろんな選手を試す方が先だと思う。