yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSウルグアイ戦 感想

日本(2−4)ウルグアイ  日本負け

完敗でした! すっごく悔しい!!

コンパクトなサッカーでポゼッションは強豪相手ながらもしっかり上回っていて、攻撃面でとてもいい時間帯をつくっていましたが、守備陣が粘りきれなかった。

ウルグアイのカウンター攻撃に対して、こちらの方が人数が多いにも関わらず、スアレスフォルランにきっちりとゴール前まで持って行かれチャンスを作られる。不用意なミスで決定的場面を作られる。守備陣の出来はとても酷かったです。

攻撃の方で流石日本のダブルエースといった風格の本田・香川を中心にいい攻撃ができていました。岡崎も鋭い仕掛けが光っていて可能性を感じいたので、余計に落胆が大きかったです。

得点シーンがたくさん見られた面白い試合ではありましたが、しかし今後の日本の行く先に不安を感じた試合でもありました。

ザックの攻撃を重視した路線はいいとは思いますが、コンフェデの結果も合わせて強豪国相手には競り勝てないことがはっきりしてしまいましたし、かといって今更守備的戦術に切り替えるのも無理があるような気がしますし、ここにきてさらに上にいくためにはどうしたらいいか、課題がたくさん突きつけられた試合でした。

う〜、悔しい!!


以下、各選手の評価です。


川島(5.0)・・一対一を防ぐなどいい場面もありましたが、FKの軌道を読み間違えたり、不用意に飛び出したりするなど、安定感を欠いていた。
今野(5.5)・・対人守備を頑張ってはいたが、スアレスフォルランといった相手の方が一枚も二枚も上だった。いい守備はできなかった。
吉田(4.5)・・気の抜けたような場面が幾つもあり、失点に繋がるミスを繰り返してしまった。懲罰交代も仕方がなし。
内田(5.0)・・イージーなミスが目についた。上がった後の裏のスペースをよく狙われていた。
酒井高(4.5)・・中途半端なバックパスやクリアで即失点に繋がるようなミスを何度も犯した。コンディションが明らかに不良だった。
遠藤(5.5)・・守備面では軽い感じはあったが、山口に守備を一任して攻撃的になった時にはいい場面に何度も顔を出した。
長谷部(5.5)・・守備や攻撃に幅広く顔を出して日本のポゼッションを支えたが、どちらも決定的な仕事はできなかった。
岡崎(6.0)・・個人での仕掛けに磨きがかかりそれはウルグアイにも通用していた。得点はなかったが、動きの質はチーム一だったと思う。
本田(6.0)・・トップ下で激しいマークに合いつつも、うまくボールを受け取って攻撃の投げれを牽引した。無回転とカーブをかけたFKの併用はかなり使えると思う。
香川(6.0)・・前半は周りのフォローがなく孤立していたが、後半は本田や遠藤のサポートでよく動けていて驚異になっていた。決定力は流石の一言。
柿谷(6.0)・・抜群のボールコントロールと嗅覚でゴールに向かう姿勢は可能性を感じさせた。2列目を活かす動きが少なかったが課題か。


交代選手

伊野波(5.5)・・スアレスなどに対してしっかりと守備ができていたとは決していえないが、決定機だけはなんとか作らせなかった。
豊田(5.0)・・左サイドで崩したあと、ファーに逃げてしまうので岡崎と被ってしまい、チャンスをダメにしてしまった。ボールも収まらなかった。
山口(5.5)・・ボールが落ち着かない場面もあったが、やれる範囲でしっかり守備を頑張っていた。
駒野(ー)・・時間短く評価できず。しかしクロスで存在感は見せた。


ザック監督(5.5)・・融合というテーマに関しての評価は微妙。親善試合なので交代枠は全部使って欲しかった。今の路線を継続するのか、諦めるのか、今後の手腕が問われる。