yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表東アジア選手権2013 VS韓国戦 感想

日本(2−1)韓国  日本勝ち  日本優勝

やった勝った! 優勝だ! 東アジア制覇だ!

基本球際は圧倒的に韓国で、ほとんどこちらがボールを保持している時間はなかったのですが、その中でDF陣がよく踏ん張った試合だと思いました(韓国の決定力のなさにも助けられたけれど)。

そして数少ないチャンスをしっかりと決めた柿谷。チームとしては攻撃流れを作れなかったり、カウンターが個人レベルの打開しかなかったなど、全体的にはストレスが溜まる試合でしたが、彼の決定力が本物だったことはこの大会最大の収穫だったと思いました。


以下、各選手の評価です。


西川(6.0)・・ハイボールを積極的に飛び出してよく処理していた。失点シーンはシュートが素晴らしく責められないと思う。
森重(6.0)・・相手にのっかて不用意なファールはあったが、体格勝負で一歩も引いていなかった。ナイスファイト。
栗原(6.0)・・スピードで負けそうになるところもあったが体を投げ出して
駒野(5.5)・・持ち味の正確なクロスは攻撃参加がほとんどなく発揮されることはなかった。今日はフリーで中に上げさせることはさせなかった。
槙野(5.5)・・スローインでのロストが多かったのがマイナス印象。体を張ってボールをよく防いだが、数的優位を作られた際にマークが外れることも多かった。
青山(6.0)・・先制点に繋がる柿谷へのロングパスは素晴らしいの一言。しかしそれ以外では軽いプレーが多く、ボールを保持、チームを落ち着けられなかった。
山口(6.0)・・守備での危険察知の高さを見せつけて、真ん中に入ってくる相手に仕事をさせなかった。ビルドアップはもうちょっと頑張りたかった。
工藤(5.5)・・守備に奔走されて、攻撃参加する機会がほとんどなく消えてしまっていた。
原口(6.0)・・守備に時間をとられていていたが、最後の最後で相手を振り切るスピード・ドリブル能力は流石。
高萩(5.0)・・前線でボールが保持できず苦しんだ。カウンター時にもイージーミスが多くてチームの攻撃を停滞させた。
柿谷(6.5)・・少ないチャンスを活かす素晴らしい決定力!ストライカーとしての役割を十二分に果たした。


交代選手

徳永(6.0)・・右サイドに配置されて落ち着いた守備をみせた。安定感があった。
山田(6.0)・・守備に割かれる時間も多かったが右サイドから良いクロスをあげるなど、投入された役割を果たした。
豊田(ー)・・時間短く評価できず。コーナーキックの時など高さを活かした良いカバーなどがあった。


ザック監督(6.0)・・山田と豊田の投入はもう少し早くても良かったと思いましたが交代の意図は明確で良かったと思いました。