yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーなでしこJAPAN 東アジア選手権2013 VS中国 感想

ナデシコJAPANはW杯優勝、オリンピック銀メダルのタイトルをとったことにより、最近は対策もしっかりたてられてきているうえに、澤もいなくなり、チームそのものにマンネリ感も漂ってきている感じがするので、危機感を持ちながら見ていました。

なでしこ(2−0)中国   なでしこ勝ち

なでしこ強い!

全体的に調子があまり上がっているとはいえず、マンネリ感は確かにありましたが、中国くらいが相手なら圧倒できる力があるので、それは良いかなと思わせてくれる内容でした。

前半の最初こそ相手の勢いに少し戸惑っている感じはありましたが、前半30分を過ぎた頃には相手の動きにも慣れ(相手の疲労もあり)、なでしこが完全にゲームをコントロールした試合でした(相手選手は何人も足がつっていましたし)

ただ、もう少し欲を言うなら、もっと点が取れたのではと思いました。


以下、各選手の評価です。

福元(6.0)・・たまにくる中国のロングフィードやシュートに驚いたりせず、しっかり冷静に対応していた。
熊谷(6.5)・・相手選手の当たりやスピードに負けないどころか、完膚無きまでに叩きのめしていた。良いフィジカル。
岩清水(6.0)・・ピンチもあったが、大きなミスも無く無難に役割をこなした。
宇津木(6.0)・・攻撃時にはあまり目立つことはできなかったが、守備時はしっかりと冷静に対応していた。
有吉(6.0 )・・最初はちょっとやられてしまう場面もあったが、ロングフィードなど正確性のあるパスは良かった。
阪口(6.0)・・攻撃の組み立て役として少々不満が残ったが、守備ではしっかり対応できていた。
宮間(6.0)・・縦パスの精度が悪かった。狙いの意図が他の選手と共有できていなかった。しかし驚異にはなっていた。
安藤(6.0)・・一点決めて前半で交代。守備での連携はあまり動きがよくなかったが、先制点を奪った裏への走りは素晴らしかった。
川澄(6.0)・・川澄らしい独特なリズムの攻めがこの試合では少なかった印象。悪くはないがもっとできると思う。
大野(6.0)・・仕掛ける動きに積極性はあったが、得点には結びつかなかった。
大儀見(6.5)・・下がってボールを受けるシーンが多く、前目でプレイできないストレスはあったが、


交代選手

中島(6.0)・・2点目のシュートは小技も効いていくかつ豪快で素晴らしかった。それ以外はあまりいいところはなかった。
田中(5.5)・・サイドバックというポジションが不慣れなのか、動き全体がぎこちなかった。
岩淵(ー)・・時間短く評価できず。しかしながら持ち味は見せた。