yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 13年 28号 感想

尾田先生休み明けなのに表紙&巻頭カラーなんて仕事しすぎだろ・・・。鬼だ、仕事の鬼だ。
体壊さない程度に今後も頑張って欲しいです。


今週のアンケート 1位:ワンピース 2位:食戟のソーマ 3位:クロス・マネジ


(巻頭カラー)ワンピース

尾田先生のカラー扉絵は毎回高クオリティで素晴らしいですが、今週は特に良かったです。拳法家と麦わら一味って相性いいですよね。
本編はまずバルトロメオさんの反応が気がかりでした。これは彼の言っていた「あの人」は、麦わらのルフィの可能性も出てきた感じ。ルフィもなんだかんだで最悪の世代最強の大物ですから、ファンがいてもおかしくないし。
もう一方のグリーンビットでは、ローさんが髭面変装姿で凄んでいるのが、いちいち緊張感をそいで面白かったです。こきつかわれるシーザーさん(笑)


黒子のバスケ

青峰くん自分が強すぎて絶望する。そして荻原くん敗退する。この二つの要素が思った以上にあっさり消化されていてちょっとびっくりしました。
青峰くんのその後の投げやリだけど凄みがあるプレイは良かったですが、荻原くんとは何だったのか。
そして、決勝戦は謎の双子が登場。これはまさか赤司くんが「俺が二人分になる」とか「ダブルスでいくよ」とか、そんな感じですか?


トリコ

アルテミットルーティーンが一週で終了だと・・・なんという短い命だったんだ。スタージュンの強さを表すためだったんでしょうが、個人的には拍子抜けです。
あと、ココVSグリーンパーチは描かれずに終了か。楽しみな組み合わせだっただけにちょと残念です。


(Cカラー)暗殺教室

カラー扉絵の殺せんせーケーキ笑った、なんで花嫁やねん!
寺坂くんの「はきだめだったから居心地がいい」はなんとなくだけど分かる感情。ある意味で元のE組に順応していた(環境を理由に悪ぶっていられた)者からすると、たとえ良くなる変化であろうとも、変化は嫌だという感情なのだろう。
これもこれで難しい問題。はたしてどんなアンサーになるのかな?



ナルト

巨大口寄せ三連発。ナルトはこういう分かり易くてスッキリした展開の方が面白いですね。それまでの溜めがやっぱりちょっと長すぎていましたが・・・


スモーキーBB

スピーディーな展開が面白かったです。チームメイトに認められるのは必要なプロセスですが、この漫画のテーマ上そんなに長くやることでもないので、実に合理的な選択だと思いました。口あんぐりな監督は威厳ないなあと思いましたが。


(Cカラー)食戟のソーマ

どういう展開を持ってくるかなと先週は思いましたが、田所ちゃんの一生懸命な料理が四宮さんの心を溶かしたというアンサーはかなり良かったと思いました。
四宮さんがあそこまで唯我独尊になった理由もリアリティがあって分かり易かったですし、乾さん達との関係もあの2ページでしっかり伝わりました。安易な展開では決してなく、しっかりとキャラクターに背景がある「王道展開」でした。
しかしながら、今回のシリーズは堂島さんがでかい! でかすぎる! 全ては堂島さんの掌の上だったんだ!!
彼を筆頭に卒業生の格がしっかり保たれているのが素晴らしいです。


無刀ブラック

槍使いとの闘いはスピード感もあって面白いです。槍の間合いを伸ばした技術もなんとなく「間接を外したんだ」とかトンデモっぽい感じ(あくまで現時点の予想ですが)も好印象です。
だが、何より一番面白いのは爺ちゃんの安定の解説っぷり。彼がこの漫画の面白さを支えているといっても過言ではない。


ニセコイ

2ページ目の春ちゃんのぎりぎり顔、おもしろ可愛かったです。
てっきり先週の引きからペンダント絡みの話をやるかと思ったら、なんの変哲もなく和菓子を一緒に作る回だと・・・
ある意味予想の斜め上でした。そして春ちゃんもチョロい。ガード全然固くないじゃないか!
まあ女子校という設定でしたし、王子様願望があるような娘って案外こんな感じに「嫌よ嫌よも好きのうち」なのかもしれませんが、


ソウルキャッチーズ

天才のバーゲンセールだな。
音楽的にどんどんインフレしていくのはスリルがあって面白いです。突き抜けるのか、崩壊するのか、綱渡りな感じも週刊少年漫画の醍醐味です。


斉木楠雄

途中まで気楽に読んでいましたが、ラストの編集の煽り「好きとか嫌いとか勘ぐるのもまた青春」を見て何故だかとても切なくなりました。
功罪あるにしろ、この漫画は編集のラストの言葉も含めて一つの作品ですね。


(Cカラー)(読み切り)逃がし屋

この漫画の最大の見せ場のトリックが、『R・O・D』で初めて見た時の印象が強すぎたものと被っていて、「何番煎じだよ!」と思ってしまいました。
使い易いトリックだし見栄えもいいのでやりたいのは分かりますが、もっとオリジナリティを出して欲しかったです。
その他にも、世界観の確立されていなさなど拙い点が多くて、正直読みにくかったです。
ですが絵の雰囲気はとても良かったので、今後に期待したいです。


銀魂

ごめんなさい、もう分けが分かりません・・・


ハイキュー

未知の男山口くんが出てきた青葉城西の警戒反応、当の山口くんの心臓バクバクの緊張感、味方の不安と期待入り交じった気持ちと逆に落ち着く感じ、張り詰めた中での色々な感情が描き出されていて面白かったです。
サーブ自体は失敗に終わったけれど、キャプテンの一言と、山口くんの「ハイ!!!」で烏野内の雰囲気が変わるというのも上手い流れだったと思いました。
ハイキューの試合の“流れ”の描き方は毎回隙がなくて感心させられます。


ワールドトリガー

迅さんが今週も気持ちよいエリートっぷりを見せつけてくれて良かったです。
ワールドトリガーは全体的に(味方内にも)疑心暗鬼感が溢れていてちょっとテンションが低い中で、この迅さんの切符の良さはいい意味で浮いていて目立ちますね。


べるぜバブ

古市死す!
な・・・なんか雰囲気違わないっすか!? 不良の喧嘩なんだから本当に死んでは駄目だろう!
男鹿は「喧嘩」だけど、鷹宮は「潰し合い」もしくは「殺し合い」なんですかね。これでは流石にあれなので来週は「あれ、俺心臓とられてるんですけどー!」と何故かピンピンしている古市くんを期待したい。


スケットダンス

「総じて発表のレベルは高かったから藤崎の退学は取り消そう」この校長先生の主張、教育理念はイマイチ分からない。
ただ、ボッスンの導き出した答えしだいで、一気に腑に落ちるかもしれないので、今はとにかく来週待ちです。


ブリーチ

こうやって過去の話がしっかりと繋がっていく展開は見ていてワクワクしますね。
あとはおそらくここだけど今後出番がないであろう二枚屋親衛隊さんたちのキャラクターの完成度の高さも、流石は久保先生だと思いました。キャラ作りが上手い。


こち亀

なんか普通にためになる話だったな。
自分が好きなことを書けるブログはいいけれど、頻繁な個人メールのやりとりとかはどうも苦手です。それなら直接話した方が楽でいいですし。


クロス・マネジ

今週もすっごく面白かったです。
蝶蘭側は和峯さんを中心に、藤岡側は櫻井くんを中心に、それぞれのチーム内の関係性をうまく楽しく描いていて面白かったですし、「背中を押して」のシーンも一人一人リアクションが違って、とても丁寧で、気持ちよくて、美しいシーンだったと思いました。
櫻井くんのハーレムっぷりも表せていましたし。あー、櫻井くんを羨ましいなあ、おい!


恋するエジソン

前作「メルヘン王子グリム」の時の変態女子はけっこう笑えていたのですが、今回のように男キャラが露骨にセクハラをすると何故か不快感がでる不思議。
男のエロは生々しさが出るからでしょうか。なので、獅童くんは個人的にとてもハズレでした。