yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 ワールドカップアジア最終予選 VSオーストラリア(ホーム)戦 感想

日本(1−1)オーストラリア 引きわけ

日本ワールドカップ出場おめでとう〜〜〜〜〜!!!

予選で必要なものは何よりも結果! しっかりとホームでワールドカップを決めたことは素直に拍手ですし、とても嬉しいです。

序盤は互いにとって大事なゲームらしく大人しい慎重な立ち上がりでした。

そして中盤からは、日本はパスを回して最後は本田、香川、岡崎など短い距離のパスワークでチャンスを演出し、オーストラリアはとにかくロングボールでケーヒルに当てて、少ない人数で裏をとったりセカンドボールをとることでチャンスを作り出すという互いの持ち味を出す内容で、まさに一進一退、緊張感のある試合でした。

訪れたビッグチャンスも両ゴールキーパーが素晴らしい反応で止めるなど、すっごい面白いけれど、同時にすっごい心臓に悪くて疲れる展開でした。

後半は若干日本側が押している展開になるものの、オーストラリアはゴール前の固めて決定的チャンスを作らせず、しっかりと対応していました。

停滞しがちな流れの中、交代枠を先にオーストラリアが使い攻め方を変えてきました。それに合わせて、ザックも栗原を投入。高さを強化して防ごうとしましたが、そこでまさかの不運な失点。

個人的にはザックの采配は消極的なものではなく(直後に長友がビッグチャンス作っていたし)相手に対応したしっかりとしたものでしたが、これがサッカーの分からないところ。バランスが崩れたのがたまたま悪い方向に作用してしまったと思いました。

その後日本は、とにかく全員が攻撃を仕掛けようと躍起になっていました。そして本田のPK獲得。これぞ、まさにホーム力。サポーターの応援と選手の執念が結んだ結果だと思いました。

ラストの本田のPKは本当に祈りでした。そしてしっかりと決めきるのは流石本田、持っている男だと感動しました。


以下、各選手の評価です。

川島(6.0)・・・失点シーンは川島のポジショニングミスもあったとは思う。しかしそれ以外は1対1も防ぐなどいいプレーだった。
今野(6.5)・・・カバーリングをしっかりとこなし、一対一でもしっかりと体を入れて負けていなかった。安定のプレー。
吉田(6.0)・・・フィジカルでゴリゴリ押してくる相手に負けじと体をぶつけて対応した。前線への良フィードもあった。
内田(6.0)・・・体を投げ出して守備で頑張っていた。失点シーンはクロスを止めきれなかったが、それ以外はスピードでも負けてなかった。
長友(6.0)・・・攻撃でも守備でも多く顔を出して効いた動きはできていた。しかしもっと切れ込む動きでキレが欲しかったかもしれない。
遠藤(6.0)・・・攻撃時にはミドルシュートを打つなど存在感を発揮していたが、守備面では一歩遅いような場面もあった。
長谷部(6.0)・・・運動量多く守備に奮闘していた。上がるサイドバックのフォローもしっかりとできていた。
岡崎(5.5)・・・前線の守備は良かった。攻撃面では裏を狙う動きは良かったが、後半は特に相手に対応されてしまっていた。
香川(6.5)・・・本田とのコンビは可能性を感じた。素晴らしきダブルエースの一角。アイデアの溢れる仕掛けて攻撃を牽引した。
本田(7.0)・・・相手にボールをとられないフィジカルは流石の一言。香川とのコンビも良かった。そして何より値千金のPKを獲得、自分でしっかりと決めきった。
前田(5.5)・・・DFを引きつける役割はできていたが、ボールはほとんど収まらなかった。消えている時間も多かった。


交代選手

栗原(5.5)・・・中を固める役割でいれられたが、あまり存在感を発揮できなかった。失点したため相手が引いたのが原因ではあるが・・・
ハーフナ(−)・・・時間短く評価できず
清武(−)・・・時間短く評価できず


ザック監督(5.5)・・・交代の使い方は妥当だったが結果としてバランスを崩してしまった。その後の交代も効果的というほどではなかった。