yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 13年 27号 感想

ニセコイ』アニメ化。すっきりとしたデザインに、どこにでも話を振れる幅があり、アニメにしやすい題材なので納得。時間帯と声優情報が楽しみです。


今週のアンケート 1位:食戟のソーマ  2位:ハイキュー 3位:クロス・マネジ


(巻頭カラー)ニセコイ

先週の段階では個人的に不安たっぷりだった小野寺さんの妹、春ちゃんですが、マンネリしてきた物語を動かしてくれそうな感じなので、楽しみです。
しばらく物語の中心になりそうだし、グイグイ押し強く絡んでいって、姉を脅かすくらいの存在になって欲しい。


食戟のソーマ

僕は田所ちゃんは「レギュムのコロボックル」派で。
競争にさらされ続けてずっと劣等生だった彼女が、卒業生たちの料理を褒められて泣いてしまうところはグッときましました。憧れの人達に褒められるって嬉しいよね。
しかし、現実は非常。やはり卒業生にはかなわなかった。
このまま田所ちゃんと創真くん退学はさすがに厳しいので、堂島さんもしくは四宮さんの大人な対応を期待。


暗殺教室

夢にみせかけて特訓しましたアンサーはちょと反則気味だと思いました。まあこういう他人に寄生する人種の対処方法って効果的なものがなかなかないと思うので仕方がないのですが。
水が弱点と判明した殺せんせー。これからはいかに濡らすかが勝負となるのかな?
女子生徒の濡れ透け展開くるか!・・・こないだろうなあ。


(Cカラー)(連載2回目)スモーキーBB

第一回の甲子園出場ヤクザに続いて、性格最低なプロドラフト指名さんが登場。この作者甲子園のレベルを読者に上げて見せたいのか、下げて見せたいのかさっぱり分からない・・・
それはそれとして、この甲子園利益400億はぜったい裏で野球賭博系の金の動き絡んでいるよね。選手集めの手段を「裏金」とはっきり言いきってるし、この潔いまでの邪道っぷりは狙って出してる特徴だろうし、正直どう転ぶか分からないです。
ただ、個人的にはまだ不快感の方が勝ってます。どこかでひっくり返してくれると嬉しい。


ワールドトリガー

「ブラックトリガーを回収してこい」
ボーダーさんたちの組織は想像以上にやばい感じですね。近界民を全部まとめて人間(話し合いができる相手)として見ていないのは上層部に浸透している思想のようで。
迅さんVS遊真くんという展開になるかは不明ですが、間に入る修くんの奮起に期待したいです。


トリコ

アルティメットルーティーンは「思いこみ」の力だった。
シャドウスキル』の武器言語みたいな理屈ですな。
予想とは違ったけれど面白い理屈。愛丸さんの鬼気迫る顔に押し切られた形ではあるけれど(笑
ただこれ系の技は「所詮は思い込み、現実とは違う!」という一言でいくらでも破れちゃうと思うので、究極技とはいかず寿命は短そうだ。


(Cカラー)ナルト

「第七班、再び」のカラーは普通に熱くて良かったです。
ただこれサスケが普通に許される展開になるのはちょっと違うかなと思ったりも。
そして今話数はサクラ無双。パンチの超絶威力には笑った。
あとマダラさん「本体が出張るまで待つ」って十尾やられてしまいますやん。すっかり全ての元凶ラスボスの雰囲気がなくなって、我が侭なライバルキャラになってしまわれて・・・。


黒子のバスケ

今は無邪気に笑っている青峰くんが、この試合の後で絶望していくのが分かるだけに、今週はちょと切なかったです。
しかし帝光はとばしてないとはいえ、まだ普通の強豪という感じなのですね。


無刀ブラック

我が輩の槍は血を欲しておるわ。
槍VS無手という対決は普通に面白そうです。今回の闘いは槍に限らない一般の武器相手の闘い方という感じだったので、薄氷さんとの相手には「槍」相手の闘い方を見せて欲しいです。


斉木楠雄

サイダーマン2号、最初はそれほどでもなかったが、じわじわときて、最後の方は面白かった。
世界最強万能超能力者がサイダーマン2号って(笑


ブリーチ

それぞれの隊長たちはそれぞれ次の対戦に向けて足掻いている模様。そんな中でも一番気になるは冒頭出てきたマユリさんですな。本当に何作ってるんだ・・・?
王悦さんの「残月に別れを告げる」云々に関しては、新しい浅打ちも手に入れているし、完現術前からもう別れているような感じなので、それほど衝撃はなし。まあ、生まれ変わるくらいの意味合いだとは思うがはたして・・・


(Cカラー)ユニ平さまZ

Z界はアホのアホによるアホのための世界・・・某通信教育の会社に喧嘩をうっているようでちょっと笑ってしまいました。
ネタとしてはあんまり面白いところはなかったですが、九九の一の段が終わらないというくだりはなんか哲学しているなと思いました。思考のジャンプこそが新しい世界を開くんだみたいな(自分でも何言ってるか不明だが)


ソウルキャッチーズ

やっていることは人生相談であり、決して音楽ではないのですが、演奏パートのノリノリな感じはパワーがあって、結界的にはどうでもよくなりました。面白いです。
そしてラストの「暴君」という引き、作者のセンスを感じられて良かったです。


ハイキュー

青葉西城驚異の地力。こういう細かいやりとりを積み重ねられると本当に敵が強いんだなと思えてこれて素晴らしいです。それを上回れるか烏野の勢い。
そしてここでの山口くんの投入は予想外だったので面白いです。
彼の出番はもっと先だと思っていた。こういう賭けにでなければ勝てない相手というのも十分印象づけられているので、頑張れ山口くん!


銀魂

いつもの銀魂らしい、よく分からないが勢いある理屈で大逆転の目が出てきました(笑
アイドルオタクは大変だ。搾取される。搾取されるためにアイドルオタクは存在する。しかしアイドルという存在は永遠である。すなわち、アイドルオタクもまた永遠である・・・


べるぜバブ

凄い。何が凄いって、ルシファーとか色々設定出しながら、内容が不良漫画のそれにしかなっていないのが凄い。悪魔云々なんか強さのバロメーターでしかなくて、喧嘩やるんだと潔よすぎる。これくらいシンプルに割りきられると、これはこれで面白いです。
そして貴重なおっぱいとクソブラーさんが・・・


こち亀

「ロボットの中身は企業秘密です」これで凌げているのがシュールで笑った。
どう見てもロボットじゃないのを最後まで力押しで押し切ったのは普通に面白かったです。


スケットダンス

ユウキくんの真意は僕には全然分かりません。親父が関係しているとは思うのだが、はたしてどういうアンサーが用意されているのか。


クロス・マネジ

豊口さんがシュートを決めて一点差に。
相手の方が力量が上だけど、その網をくぐり抜けてみんなでとった「一点」という感じが素晴らしかったです。
蝶蘭側は「すっぽ抜け」と評したけれど、豊口さんの目線では完全に狙っていた通りの点なので、これは彼女の才能発揮の瞬間とも言えるシーンで良かったと思います。
この認識の誤解が追いつく糸口になるのかな?


恋するエジソン

渡邊先生は青年誌に行った方がいいのではないのかと今回の話を見ていて思った。なんだか窮屈そうだ。


(読み切り)(2回目)磯部磯兵衛物語

まさかの2回目掲載。それだけで十分オチていたと思いました。
さすがに一発ネタな所があったので今回はパワー落ちていましたが、まだまだ十分面白いレベルで良かったです。