yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSブルガリア戦 感想


日本(0−2)ブルガリア  日本負け  


久しぶりの代表戦ということで、結果はあんまり考えず、6/4のオーストラリア戦前のコンディション調整と割りきって、リラックスして見ていました。

香川をはじめ目を見張るようなプレーもあって楽しかったですが、川島のパンチングミスに長谷部のオウンゴールとセットプレーの守備に不安を残し、決定力に関してもまだまだといった結果で、少し不安になる内容でした。

前半は3−4−3でスタート。守備は若干のバランスの悪さはありましたが、攻撃は両サイドハーフの内田と駒野が高い位置をとり、乾を中心に活性化していて迫力がありました。

後半は普段の4−2−3−1に戻してプレー。しかし、前半に比べて攻撃が単調な感じになり、ワイドな展開がほとんどなくて、決定的ないい場面が作れなかった印象でした。

ボランチや守備陣は若干のムラはあるものの、もの凄い悪いと言うことはなく(特に遠藤と長谷部は特に心配だったが思ったよりは悪くなかった)、なんとかオーストラリア戦には調子を戻してくれそうでしたが、攻撃陣に関しては岡崎や本田がおらず、センターフォワード二人がどちらも不調だとどうにもならない印象が残りました。

なんとか残りの日にちでコンディション上げて、オーストラリア戦は最高のパフォーマンスを見せて欲しいです!

(今回のを見ていると3−4−3の方がいいかもと思ったり・・・)

以下、各選手の評価です。


川島(5.5)・・・前半すぐのブレ球を後に逸らした失点はやってはいけなかった。それ以外は相手の強烈なミドルにもしっかり対応してた。
栗原(6.5)・・・真ん中は個人的には不安だったが、無難にしっかりとこなした。シンプルにプレーしていたのが良かった。
吉田(5.5)・・・サイドの動きに慣れていないせいか動きが窮屈そうだった。内田の後のスペースをうまくカバーできていなかった。
今野(6.5)・・・前半と後半、役割の違うセンターバックをどちらも高いレベルでこなした。攻撃のための守備を意識できていたと思う。
内田(6.0)・・・攻撃によく顔を出し、高い位置で存在感を出していた。守備は吉田との連携が少しとれていなかった印象。
駒野(6.5)・・・左サイドから可能性のあるクロスを何本も上げていた。追い越す動きで中にもよく切れ込んできた。
長谷部(6.0)・・・ハードで効果的な守備をして、攻撃時にもよく絡んでいた。オウンゴールは残念だったが、ボランチの勘は大丈夫な印象だった。
遠藤(6.0)・・・前半は良かったが、後半は相手のチェックが厳しく細かいミスが目立っていた。試合勘の影響が少なからずありそうだった。
乾 (6.5)・・・ドリブルで積極的に仕掛けていって幾つもチャンスを作っていた。香川とのコンビも息があっていた。
香川(6.0)・・・一瞬の動き出しと、意表をつくテクニックは流石だった。ただ、自分で行こうとしすぎた印象はあった。
前田(5.0)・・・リーグの不調を引きずってか動きが悪かった。前に行こうという姿勢がなく、バックパスが多かった。


交代選手

酒井宏(5.5)・・・武器である種類の多いセンタリングが全然上がらなかった。攻め上がりも少なかった。
長友(5.5)・・・怪我から復帰したばっかりなので動きは重かったが、ゴールを決めようという意志はあった。最後は惜しかった。
清武(5.5)・・・ボールを止めてしまうことが多く、流れるような攻めができていなかった。
ハフナ(5.5)・・・高さ勝負では可能性を感じたが、流れの中でボールはなかなかおさまらなかった。
中村憲(5.5)・・・積極的なミドルシュートは見応えがあったが、トップ下としての存在感は薄かった。
細貝(ー)・・・時間短く評価できず


ザック監督(5.5)・・・交代は各選手のコンディションを確かめるために使われて、試合の流れを変えるとか、そういった交代戦術は見られなかった。仕方がない部分もあるが、観客的にはちょっと不満。