yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

TVアニメ『アクエリオンEVOL』全26話 感想  終盤は打ち切り漫画みたいな急ぎ展開だった…

アクエリオンEVOL Vol.1 [Blu-ray]

アクエリオンEVOL Vol.1 [Blu-ray]


前作『創聖のアクエリオン』が真面目に大バカをやる作品で、その異様に高いテンションがかなり面白かったので、その続編である今作も期待して見ていたのですが…正直微妙でした。


いや序盤はすごく面白かったんですよ。運命を示唆した出会いに謎に満ちた巨大な敵、個性的なキャラクター達、そして本気でバカをやるエネルギー。前作のアクエリオンにあったものが全て揃いかつ超えるかもしれないポテンシャルを感じてワクワクしたのですが、中盤以降にだれはじめ、終盤はなんというか酷い有様でした。


カタルシスの薄い物語展開、設定を超える関係性を提示できない(消化できていない)キャラクター達、そして何より「何だか分からないがとにかくよし!」というほどの熱量が感じられないエネルギー不足の終盤は見ていてちょっと辛かったです。


特にキャラクター達が「親友」とか「恋のライバル」とかいう物語上の役割の中で窮屈そうなのはよくなかったですね。


個人的にシュレードくんのカッコ良さととユノハちゃんの可愛さがガチだっただけに両方の物語にもっとしっかりケリをつけてほしかったです。


嗚呼、あと1クールあれば…