yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

綾辻行人『びっくり館の殺人』感想  びっくりしたけど、これは少年少女向けじゃないよね…

『another』が面白かったので綾辻行人の本を探していたところ発見。館シリーズ8作目とのことですが(十角館くらいしか読んだことがない)、あとがきの「少年少女向け」「単独で読める」の文句に惹かれて読んでみました。

びっくり館の殺人 (ミステリーランド)

びっくり館の殺人 (ミステリーランド)

びっくりした。確かに真相が明かされた時はびっくりしたけど、それ以上に事件の陰険さ陰湿さにちょっと寂しくなりました。

「理不尽な事、人が世の中にはある」というのは確かにその通りだし、少年少女も自然に学んでいくものだとは思うけれど、子供自身がそれに巻き込まれる、当事者の一人になってしまうというのはやっぱりどこか釈然としない部分が残りました。ホラーにしては生々しいですし。

しかしそれでも「絶対に少年少女向けじゃないよ!」というツッコミを除けば、タイトル通りびっくりしたし、面白い物語だったと思いました。