yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

西尾維新『少女不十分』感想  10年たって西尾先生は自分の物語を語ることが許容できるようになったんだと思った

少女不十分 (講談社ノベルス)

少女不十分 (講談社ノベルス)

たぶん西尾先生の著作の中で一番読むのに時間がかかった。主に悪い意味で。

語り部である主人公の性格がねちっこくて、描写がグダグダしすぎで、とても読んでいくのが辛かったです。

例えば『化物語シリーズ』の阿良々木くんや『戯言シリーズいーちゃん自身も形を変えた西尾先生自身だと僕は思っていて、そんな主人公達が好きなのだが、今回のような洗練されていない、ある意味私小説的な主人公は僕は駄目だった。なんというかうざったかった。西尾先生の本編とは関係のないグダグダ話好きなんですけど、ここまでねっちこいのはちょと許容範囲を超えていました。


ただ、この本の煽りにあった「この小説を完成させるのに十年かかった」は読み終わって納得できました。


小説家になって十年たって西尾先生は自分及び自分の作った物語を語ることが恥ずかしくなくなった、もしくは許容できるようになったんだと思いました。


自分の作品を振り返るっていうのは、自分のヌード写真を自分で解説するみたいな。ある意味ではとても恥ずかしい行為だと僕は思うので・・・