yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー オリンピック代表 アジア最終予選 VSバーレーン戦 感想

日本(2−0)バーレーン

オリンピック出場おめでとう!!

内容は特に前半は様子見という感じで、ボールを支配しながらも決定的チャンスがほとんどない消極的な感じだった。だが後半裏へ抜ける意識をもってからは攻撃が活性化していた。相手が前半とは違う攻撃に対応する前に2点をとれたのは大きかった。しかしその後は全体的にまったりとしてしまい、攻撃的な選手が入ってきても意識のスイッチが入らなかったのは残念だった。

だが、とにかくこの試合は勝つこと(引き分け以上)が大事な試合。満員の国立ホームでプレッシャーのかかる中、浮き足立つことなく、しっかりと勝ちきったのは素晴らしかったと思いました。


以下、各選手の評価です。


権田(6.0)・・フィードは落ち着きがなく怖かったが、たまにくる相手の攻撃はしっかり対応していた。
濱田(6.0)・・カウンター主体の相手の攻撃を体を張ってよく防いでいた。危ない場面を作らなかった。
鈴木(6.0)・・サイドバックがあがりぱなしのなか、濱田とともに最終ラインをしっかりと守ったいた。
酒井宏(6.0)・・縦への突破力推進力はさすがの破壊力。もっとボールを要求しても良かったかも。
比賀(6.0)・・ポジショニングが良く、よく攻撃に絡んでいたが精度はイマイチだった。守備でもいくつかミスがあった。
扇原(6.5)・・貴重な貴重な一点目をゲット!ナイスラン、ナイスシュートだった。日本のポゼッションの起点で活躍していたし、セットプレーでも精度のいいボールを出していた。素晴らしい活躍。
山口(6.5)・・最終ラインに入り、一番後からゲームを作っていた。相手のカウンターの起点もよく潰していてチームの縁の下の力持ちだった。
原口(6.0)・・一点目のアシストなど後半からの裏へ抜ける動きは良かった。しかし自身の突破はよくブレーキになっていて抜けきれなかった。
東 (6.0)・・真ん中でのプレッシャーがきつく消えている時間が多かった。それでも2点目のアシストなどいいプレーをみせた。
清武(6.5)・・2列目を積極的に左右に動いて、落ち着いたキープなどでチームの攻撃のリズムを作っていた。2点目はいいシュートだった。
大津(6.0)・・決定的チャンスでトラップが大きいなどミスもあったが、前線でのポスト、潰れ役、守備ではしっかり貢献できていた。


交代選手

永井(5.5)・・いい裏抜けを一回見せたあとは目立つ場面がなかった。チーム全体がまったりしてしまったので仕方がないといえば仕方なし。
斉藤(5.5)・・ほとんどボールに絡むことができなかった。積極的に動き回ろうとしていたが空回りだった。
山村(−)・・時間短くて評価できず。

関塚(6.0)・・最低限の結果は出した。特にいじったりせずに王道で臨んだのは評価できる。