yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーなでしこJAPAN アルガルべ杯2012 予選 VSノルウェー戦 感想

日本(2−1)ノルウェー  日本勝ち 

大会の大事な初戦。コンディションは悪かったが、きっちり追いつききっちり勝ち越した。勝負強さを見せつけた試合だった。

前半は引きながらも前の選手は積極的にプレッシャーをかけてくる相手の動きに苦戦していた。DFラインのパスを狙われ少々慌て気味だったし、前線は相手の方が人数が多
くうまくボールが収まらなかった。その中で先制点をとられて暗雲たちこめたが、全体的に落ち着いていて自分たちのペースを徐々に取り戻していった。

得点はどちらもあっさりと入ってしまった感じだが、徐々にペースを戻し相手にプレッシャーをかけ続けたからこそのゴールだと思う。そしてリードしてからのこのチームの安定感は素晴らしいものがあった。ボールを持った選手に近寄っていって常にボールを動かすポゼッションサッカーが出来ていた。なでしこ強い!


以下、各選手の詳細です


海堀(6.0)・・失点はシュートが良すぎた仕方が無い。他の場面は相変わらずいい反応を見せていた。
熊谷(5.5)・・失点シーンは不用意に相手との距離をとりすぎてフリーに打たせてしまった。DFとしては致命的ミス。だがその後は安定していた。
宇都木(6.0)・・フィジカルを武器にくる相手に対してしっかり体をぶつけて防いでいた。
近賀(6.0)・・CBとの連携、前との連携でちょっと怖いところはあったが、全体としてはまあまあ良かった。
鮫島(7.0)・・積極果敢なオーバーラップで左サイドで躍動していた。パターンが豊富で相手は全然的が絞れていなかった。運動量も最後まで落ちなかった。
澤 (5.5)・・本来のパフォーマンスには遠い感じであったが、ボールロストは少なく、バランスをしっかりとれていた。
阪口(6.5)・・豊富な運動量でなでしこのポゼッションサッカーを支えていた。とても良い動きだった。
宮間(6.5)・・鮫島との連携がうまく何度も相手のゴールへ向かういいパスを供給していた。前を向く動きの質の高さは目を見張るものがあった。ちゅうばん
川澄(6.5)・・値千金決勝ゴール。裏への抜けだしなど常に相手の嫌がる仕事をこなしていた印象。
大野(6.0)・・積極果敢にゴールに向かっていた。もう少し前でボールを収めたかった。
永里(6.5)・・同点ゴールは失敗シュートだけど気持ちで押し込んだ。フォワードはとにかく得点が最重要。


交代選手

有吉(6.5)・・サイドから中央に絞ってカバーするディフェンスがよくできていた。パスの繋ぎもミスはなかった。
田中(6.0)・・澤の後という難しい役所をしっかりとこなした。動きの質は遜色なくとてもいい動きができていた。
高瀬(5.5)・・目立った動きができなかった。フレッシュな選手だし、相手もバテていたのでもう少し積極的でも良かったと思う。
京川(−)・・時間少なく評価できず。ちょと遠慮がちなプレイだったと思う。
伊藤(−)・・時間少なく評価できず。ゲームにはしっかり入れていた。

佐々木(6.0)・・試合後のコメントが余裕たっぷりでちょっと笑った。なんだ凄い大物監督に見える(いや、世界一の監督だけどさ)