yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 12年 13号 感想

いつも真っ先に読む「ワンピース」が休載で、「ハンター×ハンター」の絵が超絶に荒れているジャンプはちょっともの足りない感じ。あと、冨樫先生の巻末コメント笑った。


今週のアンケート  1位:パッキー 2位:バクマン 3位:銀魂


(新連載)(巻頭カラー)パジャマな彼女

スロースタートな1話目という印象。「ヒロイン浮いていた」から始まっているので、そのあたりの幽霊ヒロインの魅力を出してくれるかと思ったら、ずーとエロを主体とした過去編、ゼロエピソードでがっかりでした。最近のジャンプは10週打ち切りがなくなったような感じだからじっくりやるつもりなんだろうけど、1話目から勝負してこないのはちょっとものたりない。まあともかく来週の展開次第。


ナルト

「石の意志」「言い訳をしていいわけあるか」この辺りの岸本先生の台詞回しはいがいに好き。


トリコ

今回は顔芸回で面白かったけど、恵方巻きシリーズは一体いつまで続くんだ・・・


ブリーチ

爺が振り返ったらマント集団の図はなんか笑った。マント脱いだら全然形違う奴とか絶対いそう。


スケットダンス

今回の話は面白かったです。佐藤先生がちゃんと自分の意志で「教師になる」と言ったのが良かった。僕は真面目が信念ならそれでいいというスタンスだけど、冒頭の卓球のシーンで彼自身もちょっと無理している所があるというのを示唆してくれたから素直に彼の変化を受け入れられました。


(連載2回目)(Cカラー)ハイキュー

じ、地味だ。日向くんと影山くん、高校初対面で勝負という展開は良かったけど、ジャンプサーブとレシーブ受けるというのはリアルだけどちょっと盛り上がらなかった。


べるぜバブ

夏目「何コレ・・・」いや、僕もそんな感じです。二葉ちゃんとは一体何だったのかという感想を抱かざるをえない水切り勝負だったぜ。


銀魂

姫様腕一本〜階段殺害現場までの一連のくだりが面白かった。のぶめさんがけっこう違和感なくよろず屋の面々にまじっていてちょと面白かった。けっこう何をしでかすか分からないキャラだからジョーカー的な活躍を期待している。


(Cカラー)リボーン

「ザンザスは弱い、ツナに負けたしな」 本当の事を言われてブチキレるザンザスが大人げなさすぎる(笑)
そしてちょっと示唆されたリボーンの代理戦争の目的は個人的には、ツナファミリーのパワーアップ及び、他のアルコバレーノにツナの事をしっかり認めさせるというあくまで指導者として参加しているのだと予想。他のメンバー(自分が大人に戻りたい)とは明らかに違う動機だと思うんだけど、どうだろう?


ニセコイ

鶫くんは絶対女の子だよね。そしてはなんか彼(彼女)は「恋のライバル」の域までには発展しなさそう。


バクマン

小豆の声優事務所の社長のリアクションがコミカルで面白い。方法論はどうあれ彼は小豆の商品価値を守ろうとしているだけだし、我が侭の小豆をある程度自由に仕事をさせるけっこう理解ある人物でもあるからあんまり悪役っぽく描かれないで欲しいな。
そして福田さんの暴走で状況は全然改善しなくて、でもそれをきっかけに小豆が自分で真実を伝えるという展開はまあ納得。こういう火種は誠意をもって真実を伝えるというのが結局一番なんですよね。しかしこれは連載当初の目的を達成してしまってもうやることないんじゃ・・・?


クロガネ

白零高校監督油断しすぎだろう。一年生エースが城礼高校にはいるってやる気のない監督でも知ってたよ!


パッキー

「頭突き甲子園なんてない・・・」のパッキーとササコ姉さんの顔すごい笑った。レツ先生意外に細かいニュアンスで表情を表現するのうまいなあ。あと、攻撃系部活動のメイン攻撃部分の服の生地が破れているのがシュールでグッドだった。


(Cカラー)めだかボックス

カラー扉絵は一瞬違う漫画かと思うくらいインパクトあって良かった。
漫画で響く音を表現するのは難しいんだけど、これはそれに挑戦すると言うよりも、とことん読者に対して奇をてらい続けて何か凄いことが起こっているように見せるのはうまいなと思いました。
しかしこれは一体何漫画だ。安心院さんの宣言通りグダグダ漫画になっているなあ(笑)


いぬまるだしっ

不覚にもマスク・ザ・エロスとアブノーマル原田のエピソードちょっといいなと思ってしまった・・・。しかし幼稚園・・・


黒子のバスケ

木吉をトリプルチームしているあとの「何て圧力だ」のコマが謎のモップ学生なめで笑った。シュールすぎるだろ!


こち亀

不良を更生させていって気が付いたらオカマになっていた・・・。何を言っているか分からないと思うが、俺も何が起こったか分からなかった(以下略)
無理矢理過ぎてこれはこれで。


ぬらり

そいうえば何か普通に清継くんとかに紹介しているけど、百物語編のあの東京大災害どうなったんだ?
あんなにいっぱい人死んで妖怪の存在も日本中にあらわになったのに全然日本が混乱していないのは何故なんだ?日本人のスルースキル高いなあ。


magico

最終決戦ぽい雰囲気がバリバリで燃える。そして魔法力が全開になるとみんな魔法使いチックな服になるんだなあ。分かり易いのは個人的には好き。


ハンター

・・・絵が荒れていて冨樫先生の体調が心配だ。
赤毛の女の子・・・カイトだったのか。これは成長したのか、それともデザインが変わったのか。ともかく思った以上にカイトだった。彼(彼女?)の人生はこれからどうなるんだろう・・・?
コアラの話は後日談、会話だけだったけどかなり考えさせられる内容で良かったです。


スターズ

地図の力、音の力、記憶の力、少しづつ説明されているけど凄い能力だ。世界を支配できる能力だよね。科学とは一体何だったのか・・・
そして「ペテルギウスに一緒に助けに行って下さい」はものすごく路線変更、インフレの匂いがするぜ。