yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

道満晴明『ニッケルオデオン赤』感想

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)

僕は道満先生の漫画の持つ空気感が大好きだ。

血や内臓や下ネタやオタクネタなどなど、ともすれば引かれかねないエログロ満載の内容を、一見すると全然それとは気付かないくらいすっきりした絵柄で誌面の中に収めている。本来それだけのものを入れたら闇鍋にしかならない内容なのだが、独特の行間(物語的にも誌面構成的にも)である種の清々しささえ感じるちゃんとした料理として成立させている。これは本当に凄いことだと思う。

そんな不思議な魅力がたっぷりで『ニッケルオデオン赤』面白かったです。

8Pの短編13編が収められている本作ですが、僕はその中でも特にラストに載っていた「回収委員と幻肢痛」が素晴らしかったです。

地雷原でふっとばされた先輩とそのバラバラになった体を探す後輩の物語。しゃべる生首になった先輩にミカンがお供えされているコマが妙にツボでした。おまけ漫画でそこに触れられているのも良かったです。

応募者全員サービスのネーム帳、応募しようかな・・・