yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 12年 10号 感想

冨樫先生のコメントが先週から面白い


今週のアンケート 1位:ハンター  2位:いぬまるだしっ  3位:magico


(巻頭カラー)バクマン

掲示板の人が小豆さんを納豆呼ばわりしているのが地味に意味不明で笑った。
しかしここで石沢くんが迷惑な声優オタクになって再登場か。どことなく落ちぶれた中井さんを連想したけど、彼はなんだか更正の余地がなさそうだなあ・・・


トリコ

恵方巻きのくわえた方向に進むんだ」「・・・斬新な占いですね(汗)」ここのやりとり好きです。
今回のミッションは初の四天王揃い踏みということでテンションがあがっている。会長の「同じ食卓を囲むものたち」という伏線もあるし、全員協力展開が見たいです。


ワンピース

スモーカーさんがクロコダイルさんみたくなっている・・・髪型のせいかな?
ドラゴン登場は、前に恐竜とか不死鳥(悪魔の実)とか出ているので今更そんなに大きな驚きはないなあ。喋るというのはインパクトあったけど。


ナルト

幼い尾獣たちが一同にかいしている過去図がのほほんとして良かったです。涙目の過去九尾は可愛いですね(笑)


銀魂

安心の将軍様クオリティ。登場した瞬間もう笑っていた。


(Cカラー)こち亀

ギャグのないこち亀はなんだかこち亀な気がしない。最後のレモンの表情は恋をした女の顔みたいでちょっと違和感があった。


べるぜバブ

柱師団の皆さんが寄って集ってザリガニ釣りしているのはめっちゃくちゃ笑った。いかも食っとる。意味分からん。久々にキレのいいギャグだった!
そしてヒルダさん元に戻る。やっぱりヒルダさんはこっちの方が好き。


ニセコイ

個人的には迷走している感じがする。あんまり盛り上がり所がないままあっさりばらしちゃったけどどうなるんだろう?


(Cカラー)(読み切り)烈!!!伊達先パイ

勢いがあって面白かった。特に足を掴んでいる妹をグルグル回すシーンはシュールで良かった。
でもこの伊達先輩は史実というより戦国BASRAの伊達政宗のパロディみたいな感じで、少し同人誌みたいな感じだなと思った。


スケットダンス

少年漫画の無骨キャラなのに「押忍!」がないなんて・・・
それはともかく、宇賀神くんは作中でも言われてたけどダンテくんの変形キャラでありダンテくんの方が面白いのでインパクトは少なかったです。でも最後に前回新聞部になった妹を絡ませてくるのは巧いなと思いました。


(Cカラー)ハンター

冨樫先生のセンターカラーのアルカは迫力があって良い。ただ、出来が良すぎてこれがこのまま次の巻の表紙になりそうだせ・・・
本編はついにゴン復活!モラウさんの男泣きのシーンが良すぎて俺もなんだか泣きそうになってしまった。その後のレオリオと抱き合うシーンも絵は荒れてるけどいい展開と演出だった。
そしてパリンストンさんの「ジンさんを敵として信頼しています」のドヤ顔も良かった。多少ご都合主義な感じもあるけど、パリンストンの底知れなさは嫌らしさはこの選挙シリーズで十分堪能させて貰いました。しかしチードルさん完敗って言ってますけど、パリンストンが隠し持っている五千体の繭とか忘れちゃ駄目ですよ。もっと必死になってください。
そして次回は遂にジンとの邂逅。個人的にはジンが12支んをの静止を振り切って逃亡が第1予想。ゴンが「こんな偶然じゃ駄目」と言って自ら拒否が第2予想で、結局会わずに次の章(おそらく最終章)に突入かなと思っている。


リボーン

一瞬でやられて噛ませ犬にもならない、それが殺人集団ヴァリアークオリティ!
しかし風さんの大人化は予想より早いな。このチーム好きだから今回ので手の内見せちゃうと脱落しそうで怖い。


クロガネ

黒鉄くんと青春くんの対決は練習量の差が出たという結果も含めて面白かったです。ただ青春くんの過去エピソードはありがちすぎるほどありがちで、もっと捻ってほしかった。


いぬまるだしっ

今回のいぬまるだしっは面白かったしラストの煽り「本物のニワカとはこういうことさ!」でちょっと感動してしまった。
ニワカの一部はふらっと好きになってふらっと次の対象に乗り換えるけど、熱中している間の熱中度は凄まじいものがあると思う。それは無責任かもしれないけど、エネルギーはすごいから、時に誰かを勇気づけたり、ブームを作ったりしているんだなと思う。・・・何まじめに語ってるんだろう俺。


maigco

今回のバトルは本当にオセロのように情勢がくるくる変化して今までのこの漫画の中でもベストバトルに近い出来だと思う。
そして魔法使いは蹴りが強いの謎設定が微妙に好きです。今回何故か蹴りで優劣を付けようとする兄弟(笑) そのうち蹴りで海を割る(魔法は使っていない)大魔法使いとかでてきそうで楽しみだ。


黒子のバスケ

陽炎シュートよりも「本気になれよ」が「もっと殺す気でこいよ」になってしまう氷室くんの言語センスが面白かった。


ぬらりひょんの孫

今回のラストの描写は陰陽師の術も纏えるという意味なのか、思いを受け取ったという意味なのかよく分からなかった。来週を待ちます。


めだかボックス

普通で学校の外の人になった王土くんはある意味めだかとフラットに話せるキャラになっていて、良かったです。しかし今回のエキシビジョン綱引きは凄いというよりも「ありえねー」で引いてしまった。これはあんまり笑えない。


スターズ

・・・今の所想像以上のものはでてきていない。たぶん次回最終回だと予想しているけど、そのわりには進みが遅くて、このまま宇宙人の正体が分からないENDで終わりそうで、それが怖い。


パッキー

「火を通す!」ガガーン吹いた。パッキーのリアクション演出は結構好きです。
しかしながらこの漫画は毎回面白いのに掲載順位が低い。アンケートを送らないと駄目かなあ・・・


針栖川

この一話ですっごい綺麗にまとめたなと思いました。流石に力のある叶先生だと感心しました。
僕はこの漫画内では完璧に咲ちゃん派だったので、彼女の恋心が消えてしまった辺りから一気にテンションが落ちてしまったのですが、このラストを見るとあの辺りから打ち切りって決まっていたのかなと思ったり。