yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーオリンピック代表 アジア最終予選 VSシリア戦 感想

日本(1−2)シリア 日本負け

引き分け以上でオリンピックほぼ決定の試合でまさかの敗戦。アウエイ中東での試合でグランドコンディションは悪い、シーズンオフでコンディションがあがっていないのは分かるが、シリアに比べて必死さが足りなかった印象。ある意味で負けるべくして負ける試合だったと思う。


前半はシリアにボールを支配されてグダグダだった。スタメンを見る感じ、しっかり守ってカウンターを狙っていたと思うので、ある程度相手に持たせる想定であったろうが、相手のキープレイヤー、スマが2列目に下がってゲームを組み立てるという1戦目とは違う戦術をとったのをはじめ、山崎の負傷退場、権田のミスによる失点などで完全にゲームプランが狂ってしまった。セカンドボールがまったくひろえない、技術が勝っているのにゲームを支配されるというストレスの溜まる展開だった。それでもカウンター一本で永井が決めてくれたのは良かった。


後半は、どちらも前と後ろの間が開いて、ロングボールのカウンター合戦になっていた。大味だが点の匂いのする展開だった。本来同じ型のサッカーをやったら技術に勝る日本が優勢になるはずなのに、それでもシリアの方が若干優勢だったのは、メンタル的な問題が大きいかなと思った。2点目は完全に当てずっぽうシュートなのに入ってしまうのは・・・キーパーのミスでした。


痛い敗戦ではあるが、これをバネに残り2戦、大量得点で勝って欲しい!


以下、各選手の評価です。


権田(5.0)・・1点目は完全に彼のミス。そこから崩れず持ち直したのは良かったが2点目も防げたと思う・・・
鈴木(5.5)・・細かいミスが多く不安定だった。前半スルリと抜かれる場面があったが、しばらくして修正できていた。
濱田(6.0)・・体をはって相手の攻撃を良く防いでいた。可もなく不可もなく。
比賀(6.0)・・効果的な攻め上がりは少なかったが、守備の面でやられることがなくて良かった。
酒井宏(5.5)・・攻め上がったところで戻りきれず裏をとられるシーンがいくつかあった。
山村(5.5)・・セカンドボールが拾えず苦労していた。
山口(5.5)・・山村とポジションの距離が近すぎたせいか効果的に動けていなかった。
山田(6.0)・・守備には貢献していたが、攻撃面では仕事はほとんどできず。司令塔の役割は果たせなかった。
東 (5.5)・・ほとんど消えていた。相手を脅かす決定的な動きでなかった。
山崎(ー)・・前半15分で負傷退場。時間短くて評価できず。
永井(6.5)・・1点目は難しいシュート体制ながらも良く決めた素晴らしいゴールだった。他のチャンスもほぼ彼一人で作っていた。


交代選手


大迫(5.5)・・オウンゴールは彼に責任なし。同点アシストはその前の体の使い方も良かった。ただ、それ以外はあまり目立てず。
扇原(6.0)・・チームを落ち着ける役割とパワープレイ対策の要員での仕事はした。


関塚監督(5.0)・・交代の意図は分かるが、スターティングメンバー、戦術がまずかった。清武がいないば場合のゲームプランが皆無だった。