yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

映画『マジックツリーハウス』感想 面白さと楽しさが詰まったシンプルなアニメーション

映画1000円デイのお昼過ぎの回を見ました。観客は150人くらい。子供連れの家族がほとんどでした。

公式サイト → http://magictreehouse.jp/index.html

何の前知識もなしに観に行きましたが、奇をてらうことをいっさいしない子供のための冒険ファンタジー映画で楽しかったです。

まさにシンプル・イズ・ベスト。

最近はそれ自体は悪いことではないですが、アニメ作品も奇抜な演出や原作を知っていることが前提のネタなどを知らないと楽しめないものが多い中(子供向けのポケモンアンパンマンでも映画の場合は事前の原作知識いるしね)、こういう誰にでも分かる、シンプルなアニメーション映画は大変貴重だし、とても良いなと思いました。

本好きの少年ジャックと元気な妹アニー、この二人が不思議な本の中の世界でプテラノドンに乗ったり海賊と闘ったり、こういう荒唐無稽なシチュエーションは本当にアニメに向いているなと再認識しました。画面も綺麗で動きも素晴らしかったです。周りの子供達の素直なリアクションも面白かったです。

こういう、するっと入れる子供向けの映画がもっと増えればいいなと感じました。


追記:アニー役の声優さんがめっちゃ巧いなと思ってクレジット見たら今話題の芦田愛菜ちゃんでした。彼女のドラマ見てなかったんで知らなかったですが、確かに天才と言われるだけあるわ・・・。