yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 11年 49号 感想

今回の新連載二つはどちらも寿命が短そうだ・・・


今週のアンケート  1位:リボーン 2位:ハンター 3位:ナルト


(巻頭カラー)(新連載)パッキー

大きな笑いはなかったが小さな笑いはコンスタンスにあって楽しめた。しかしキャラが微妙に弱い気がするので長期連載には向かなそう。ともかく2話以降でテンションが落ちないか今は様子見。


ナルト

古いマダラ、新しいマダラって区別の付け方に笑った。戦闘は五影勢揃いで一気に盛り上がっていて楽しい。しかし水影さんは毎回げろ吐いているようにしか見えず残念な美人だぜ。


銀魂

さっちゃんの思い出が他と比べて何も感動的な所がないのが面白かった。


トリコ

食の神経衰弱、ここまではそれぞれのキャラの個性を使った能力バトルだけど、この後は頭脳を使った駆け引きバトルになるのかそれとも能力バトルのままなのかどっちだろう。個人的には頭脳バトルが見たい。


バクマン

登場人物達のモチベーションがみんな「勝負」か「恋愛」になってしまっていて少し気持ち悪い。流静河くんとかみたいなキャラがまた出てきてほしい。


黒子のバスケ

緑間くんの沸き立つオーラが『ハンター×ハンター』みたいで笑った。


(Cカラー)ニセコイ

絵はノリノリな感じが伝わってくるけれど、肝心の話が全然面白くない・・・


クロガネ

桜一刀流がやっと試合で見れそうな雰囲気。でも黒鉄くん大将だからそれまでにまだ10週以上使いそうだ。それまでテンション持つかなあ?


めだかボックス

第三勢力が完全に名称が「裸エプロン同盟」になっているの笑った。
半袖ちゃんがツンデレ可愛かったり、阿久根くんが人吉くん側につくことになったり色々と細かい見所があって良かった。しかしながらめだかちゃんはもはや主人公というよりラスボスポジションだと思う、コレ。


(Cカラー)リボーン

人気投票リボーンが強い部門3位。ほとんど戦闘してないリボーンがこの位置にいるというのが「虹の赤ん坊」の格を証明していてこのシリーズの緊張感を支えていると思う。
そして本編はスカルさんがカッコカワイくて素晴らしかった。カラーページの「昨日はドキドキして眠れなかった」や本編の「マジでこんなガチンコバトルになるなんて聞いてないぞー!!」などでへたれキャラとしての魅力を出しつつ、ラストで大変身。その背中が凄く頼もしくてカッコ良かった。スカルさんじゃないみたいだった(笑)
天野先生はこういう変身とかの演出が毎回本当に巧いと思う。


スケット

どうみても酒盛り回。でも「あべこべ茶」なのは規制かな?


magico

指輪取りゲーム。正直ほとんどの参加者がここまでどうやって関門をくぐり抜けてきたかあんまりちゃんと描かれてないので、バトル自体は盛り上がりに欠ける印象。しかし兄ちゃんの動きは気になるし、どうやって大会がめちゃくちゃになるかはけっこう楽しみにしている。


(Cカラー)こち亀

説明が長い。正直途中見ているのが辛くなった。
部長・・・ゲームにリアルを持ち込むのはマナー違反だよ・・・


針栖川

「なんかすごい女子の匂いがっ・・・」の変態指数が高くていとをかし。


ブリーチ

ええっ、月島さんここで死んじゃうんですかぁ!? ・・・彼にはラスボスの位置を張ってほしかったのに。


ハンター

キルア、アルカを連れてゴンの元へ。これでアルカと選挙編が繋がるのかな?
本編はアルカの能力を駆け引きに使ったり、執事がガンガン出てきたりと、予想に反しているが面白い展開。
しかしキルア「ほっぺにちゅーしろ」とか完全バリバリのシスコンじゃないか! 爆発しろ!!


べるぜ

男鹿さんが数が多すぎる悪魔軍団を減らしてくれるのは先週も言ったように嬉しいんだけど、ここで東条さんが寝ているのはあまりにもご都合主義でちょと残念。


いぬまる

「カッパといぬまるくんはグルである」そう考えた俺は心が汚れているんだと思った。


スターズ

めぐるちゃんは本当どうして宇宙飛行士になってるんだろう?
そしてダイジェストのように出てきた成田先生や逢坂先生の存在がなんだか打ち切りを連想させた。まだ新しい新連載がはじまったばかりだから杞憂だよね、たぶん。


ぬらり

園長さんの策は安倍晴明関係かなと思った。ぬら組でも山本でも、どちらが悪でとちらが勝っても実はどうでもよくて勝った方、東京を救った救世主を安倍晴明が殺すことで魔王として君臨して人々に怖れられるのが目標ではないかと予想。