yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 W杯3次予選 VS北朝鮮 感想

日本(1ー0)北朝鮮   日本勝利


ロスタイム得点でのぎりぎり勝利。あまりの劇的さに「よしだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーー!!!!」と声が出て、感情的にはとてもカタルシスのあったけれど、色々と課題が見えてきた試合だった。


本田不在により攻撃のキーマンがいない中で、日本がどうゲームを組み立てていくかが注目だったが、前半のように柏木に本田と同じ役割(FKを含む)で今までと同様の闘いをする、これはあまり機能していなかったように見えた。北朝鮮が引いていて人数が多かったのもあるが、とくに前でボールが収まらず苦しい展開だった。反面、後半途中に清武を投入してシステムを変えてからはシュートチャンスも多くなっていった。柏木が清武が○○がどうこうというよりも、本田がいないなら元々の攻撃システムそのものをいじった方が効果が出ることが証明された試合だったと思う。


予選の初戦としてはなんとか勝てたわけだし、北朝鮮はカードをたくさん貰っている。ウズベキスタンを加えて三つ巴のリーグなのでこのアドバンテージはかなりでかいと思う。


以下、各選手の評価


川島(6.0)・・相手の超ロングシュートくらいしか出番がなかった。それでもしっかり全部キャッチしてみせたのは流石。
今野(6.0)・・ほとんどハーフコートゲームだからひじょうに楽そうだった。ファールをせずによくボールを奪っていた。
吉田(7.0)・・値千金決勝点。こいつはやはり何か持っている! 守備面でもテセを完璧に抑えた。
駒野(5.5)・・積極的な攻撃参加。ちょと怖いプレーが2回くらいあった。こういうワンサイドゲームでこそ注意して欲しい。
内田(5.5)・・カウンターに積極的に参加したり攻めで良く顔をだした。ただしクロスの精度が今日は今ひとつだった印象。
長谷部(6.5)・・後半途中からの存在感は異常。すごく頼もしかった。切り裂くようなドリブル突破はまぎれもない日本の武器。
遠藤(6.0)・・北朝鮮の選手を2人も足を攣らせたのは彼のパスの功績。フリーキックはおしかった。
岡崎(6.0)・・飛び出しは相変わらず良い迫力だが、何故かあと一歩が遠い。あと雨が降ると髪の毛が・・・
柏木(5.5)・・本田の代わりにはなれず。別の方法論で代表での役割を見つけて欲しい(才能は間違いなくあるのだから)
香川(6.0)・・チャンスに決めきれず。しかし動き自体は完全に北朝鮮を圧倒していた。
李 (5.5)・・あまり存在感を見せられなかった。今日はいつものゴールに向かう姿勢が薄れていた印象。


交代選手

清武(6.0)・・1アシスト。役割はきっちり果たした。香川とのコンビはかなり動きやすそうに見えた。
ハーフナー(6.0)・・代表デビュー戦。ヘッドの競り合いは勝っていたし及第点。ただフリーのシュートは決めて欲しかった。


ザック(6.0)・・交代枠を1つ残す。後半途中から選手を入れるのは彼の特色な気がしてきた。いつものザック。ただし交代した選手        は確かに流れを変化させて、勝ちきるきっかけになったと思う。