yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 11年 19号 感想

逢魔ヶ刻動物園打ち切りか・・・。来週は読み切りがあるみたいだし、今期は1outだけなのかな?

今週のアンケート 1位:メルヘン王子グリム 2位:magico 3位:銀魂


(巻頭カラー)べるぜバブ

ヒルダさん無双。それはそれとして、敵味方問わず全ての女性に色目を使う古市さんは流石だと思った。それに対するラミアの反応も可愛い。


ワンピース

太陽の海賊団結成話は面白かった。かなり強固な結束を持った集団だと思うんだけど、ここからどういう風に話しが展開して、ジンべエは七武海にアーロンは東の海に行くのか興味深い。特にこの時点ではアーロンよりも人間嫌いであろうジンべエが、おそらくフィッシャータイガーを殺したであろう人間側に付くのかは気になる。


ナルト

ナルトは戦争出ちゃあ駄目だとは思うけど、しかしここで行かないのは少年漫画の主人公ではない。


バクマン

中井さん・・・ギャグになってない・・・完全に迷惑で駄目な人だ・・・
いつの間にか『バクマン』は子供に夢を与える漫画家の話から子供の夢をぶっ壊す漫画家の話になっていた・・・


magico

ケーキに過剰な反応を示すルーちゃんが可愛い。内容的にも一話の中にいろいろなアイデアを詰め込んでいて読み応えがある。
西方三賢者の一人も惜しみなく投入してきているし、次回のCカラーも楽しみだ。


ブリーチ

一護が急に死神に戻ってる〜(ガビーン)
急に話が進んだなあ。しかし銀城さんの言うことはイマイチ当てにならない(読者的に信頼も得てないし今までの発言が真実である根拠がない)ので、「織姫を斬ったのは月島さんじゃない説」とか読者をミスリードしてやろうというより作者が混乱して言うようにしか見えない。


戦国アームズ

伊達さんのソドムがエア・トレックにしか見えない件。光秀さんの返しの台詞「私に墓場は二度もいらん」はセンスが古いと思いました。


トリコ

コーラはスフィンクスの涙だった。・・・うん、そうだよね。先週大まじめに尿とか書いていた自分が恥ずかしい。


黒子のバスケ

先週の予想「赤司くんはダーティー」の予想は当たったといえばそうだけど、初対面の人間にハサミを向ける気狂いっぷりは予想以上で笑った。赤司くんの素顔だしは見開きでは見づらいので、1ページとかの方が良かったと思う。


いぬまるだしっ

焼き肉はバトル。これは少年・青年を問わず全ての漫画のルールである。しかしテニスの王子様を超える焼き肉バトルは今日も見られなかったか・・・


エニグマ

エニグマさんの出す課題がどんどんインフレしていって人外の領域だけど、主人公達も十分人外なのでうまく渡り合っている。すげえ・・・


リボーン

D・スペードがボスかと思ったら実は復讐者が今回の敵ボスっぽい。次は復讐者編になりそうだ。しかしリボーンの動揺は僕にはまったく緊張感が伝わってこない(笑)


銀魂

ラストコマの銀さんの表情クソ笑った。来週は地獄だ(笑)


スケットダンス

ホラー映画は苦手。自分では絶対に観に行こうとは思わない。血を見るのは苦手だし、本物の幽霊はマジで百害あって一利なしなのでできるだけ関わりたくない。


こち亀

地に足がついていないこち亀は面白くない。今週は特に最低。


ドイソル

羽石リードで前半終了。サリーくんの異名「壊し屋」が普通にラフプレーで拍子抜け。後半は二・三年生が出るみたいだけど、一年生とは何が違うのか違いを明確に見せてくれることを期待している。


メルヘン王子グリム

フルチンで道徳の授業を受けるイソッペがシュールで笑った。あと土から生まれた桃太郎も酷くて面白かった。グリムはなんだかんだで毎回ツボにはまるネタがあって良い。


めだかボックス

まさかの後継者作りに、まさかの悪平等探し。西尾先生はミステリー作家なので、こけおどしでなく本格的に推理できる形にしてくれると嬉しい。個人的にはデザインにあまり特長のない真ん中の女の子が怪しそうに見える。あと画面端にちょくちょく写る半纏さんが微妙に面白い。


保健室の死神

冷血さんまさかのツンデレ!?


ぬらりひょんの孫

覇者の味うます。


逢魔ヶ刻動物園

正直この漫画が打ち切られて良かったと僕は思いました。水族館、サーカスと、もはや未来のない中途半端なバトルを延命のために続けるよりも、さっさと話を畳んで次回作に着手した方が作者のためになると思ったからです。
当初の路線はともかくバトル化してからのこの漫画は本当につまらなかった。動物キャラのデザインには毎回唸らされながらも、バトルに幾多の工夫が見られても、根っこの部分で「無理矢理闘っている感」が見て取れて乗り切れませんでした。
個人的には再びほのぼの路線で頑張って欲しいと思いますが、最初からバトル向きのキャラを作ればそっちでも大丈夫だと思うので、次の作品は方向性を決してぶれさせないで頑張って欲しいです。堀越先生の次回作に期待します。