yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 11年 15号 感想

新連載4つの勝負の2話目までが出揃ったので個人的順位は
magico > グリム > ドイソル > 戦国
グリムが意外に面白かったのが予想外だった。これに現在打ち切り候補の2作品を入れると
保健室 ≒ magico > グリム > ドイソル ≒ 逢魔ヶ刻 > 戦国
戦国アームズは相当厳しい気がする・・・


今週のアンケート 1位 メルヘン王子グリム 2位 magico 3位 バクマン


(巻頭カラー)ナルト

人気投票はおおむね予想通り。デイダラさんが順位が高いのは嬉しい。
本編はミフネさんVS半蔵さん。どちらもよく知らない人なので盛り上がれない・・もう少しキャラを掘り下げる時間が欲しかったと思う。


ワンピース

ホーディーさんはアーロンさんの意志を継ぐといいながらも、仲間を盾にしたりとアーロンさんにはあった仲間意識が希薄なので小物臭しかしない(狙ってのものではあろうが)。それでもゾロとの水中対決は楽しみ。ゾロもアーロンにはやられている因縁があるのでここは勝ちたいと思うし、いい勝負になると思う。


トリコ

絵が荒れてしまっているのは残念。ここ最近荒れが目立っているので、1週くらい休んで、ペースを取り戻して欲しい。
本編はトリコとゼブラが化け物過ぎて面白かった。ゴルゴロプスが二人に喰われる様はどっちが猛獣かという話で、普通にゴルゴロプスに同情してしまった(笑)


銀魂

将軍の記憶がなくなって色々万事解決はちょっとご都合主義過ぎて不満。『結局全てを許す将軍様』オチが好きだったからなあ。でも、最終的に将軍が華麗に滑っていてなんだかどうでもよくなって面白かった。


べるぜバブ

べる坊うさぎのポーズは意外性と笑いと面白さがあって良かった。テープB面蝿の王バージョンは蛇足感があるが大丈夫か?
あと、それより早くネトゲ勝負の続きが見たいです。


(Cカラー)(連載第2回)戦国アームズ

お長さんが尼姿になった以外は特に何もなかった回。やっている事が第1話と同じでけっこう拍子抜け。前回パキパキやっていた秀吉さんとか現在の情勢(徳川とか伊達とか)の説明をしてえほしかった。


バクマン

「亜城木のネームを盗むしかねえ・・」とか言いだしはじめて七峰くんがだんだん哀れになってきた。『PCP』を意識する余り仲間の50人との関係もこじれ、アシスタントチーフの中井さんは仕事場をハーレムにしようとするし、担当の小杉さんは頼りにならない。完全に人間不信になっている。正直七峰くんがこのまま潰れてしまってもカタルシスは何もなく、後味の悪さしか残らないので、なんとか助け船をだしてあげてほしい。ただし、中井テメーは駄目だ。田舎に帰れ。
あと、「一から考え直して・・・」と言って電話を切られる小杉さんが駄目夫の妻にしか思えない点と、エージェント中井さんが電車で女子高生に距離を置かれているのが面白かった。


メルヘン王子グリム

カツラに命が宿って窃盗で捕まる展開の意味不明さに笑った。この異次元のセンスは凄い。
あと、クラスメイトが何気に個性派揃いっぽくて楽しみ。花を切り落とした際に突っ込んでいる外人ぽい野郎が個人的には妙に気になっている。


こち亀

春ちゃん無双。なんだかんだでこういう元気なキャラが動き回ると漫画は面白い。両さんが真面目になってきた&両さんの破天荒がマンネリ化しているなかでは、女版両津である春ちゃんが積極的に動いた方がこち亀は面白いと思う。


magico

マロウニさんの外道っぷりがいい感じだった。登場して2ページの台詞とゲスな笑顔で全読者に不快感を与える様は流石である。
だからこそ最後のシオンの箒の一撃はカタルシスがあって良かった。


ドイソル

岡くんが凄い萌えキャラでやばい。すっごいポジティブだし、「負けたら野永のせいにすりゃあいいんだよ」とか言っちゃても許される陽気さはいいなと思いました。
柏木くんの人物掘り下げ回だったけどあんまりそっちは印象に残らなかった・・・


(Cカラー)スケットダンス

スケットダンスのこういうシリアスな話は苦手なので感想が難しい。でも轡先生は酷い目にあってもそんなに誰も怒らないと思うよ。


ブリーチ

織姫さんが胸を刺されているコマはインパクトがあって良かった。ただ、それだけで終了というのはどうなんだろう?


エニグマ

無限回廊は普通に怖いぞこれ。この展開はある意味で『ぬらりひょんの孫』以上にホラーだ。ある意味、理不尽に対抗する主人公達というのがこの漫画だから、こういうすっげーやばそうな難問がでてくるとワクワクしてくる。


いぬまるだしっ

中井さんへのツッコミ以外あんまり面白くなかったけど、たまこ先生のツッコミが実際に本当にどんどん良くなっていくのは凄いと思った。


黒子のバスケ

温泉回なんだからもっと監督のサービスシーンをくれよ・・・


リボーン

炎真くんが本当にぶっ壊れていて本気で怖い・・・。未来編を終えてシモン編になって敵の格が下がったなあと思ったけど、こういうぶちきれて不確定な相手は初めてなのである意味緊張感は未来編を超えているかもしれない。面白い!


めだかボックス

すげえ、あいつら落ちながら・・・じゃなくて登りながら闘ってやがるぜ・・・
個人的にだが久磨川くんとの因縁の対決が、これまでずっと盛り上げてきてやっとこぎつけた対決が、これで終わりそうなのは気持ちの上で納得がいかない。
理論的は、両者の言い分的にはまったくケチを付ける要素がないんだけど、なんだろうね、この気持ち。


ぬらりひょんの孫

地下鉄少女編は事件の起こりから今回の解決までこの作品らしい面白さを出していたと思います。始まりはおどろおどろしく、決着は格好良くと。


保健室の死神

エロスさんの座っているコマには文字通りエロスがあって良かったです。
それにしても運を無くしたプラグマさんが会われすぎてクソ面白かったです。とんできた野球ボールでやられる敵ってなんだよ(笑)


逢魔ヶ刻動物園

呪われたクマの上に何か組織がありそう。ビッグボスみたいなのがいるのかな?
その展開はあんまりいい選択とは思えないが・・・