yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 11年 13号 感想

今週のアンケート  一位:めだかボックス 二位:magico  三位:ブリーチ

(新連載)(巻頭カラー)magico

ジャンプでは久々の純粋ファンタジーもの。面白い!
主人公とヒロインが1話目から結婚していると言えば先日も読み切りを載せた『サムライうさぎ』を思い出す。あれもバトル化する前は相当面白かったので、この漫画にも、主人公とヒロインの初々しいいちゃいちゃが楽しみ。
シオンがエマを守り、時にエマがシオンを守って、一緒に成長していく物語を見せてくれると期待している。


ナルト

琥珀の浄瓶』がまんま西遊記のひょうたんだった。ていうか『琥珀の浄瓶』が強すぎて前回まで出ていた瓢箪とかの価値が下がりまくり。それでも連合の協力プレイはなかなか良かった。


ワンピース

話は進んでいるのだが全然動いてない。もっとムーブだ、ムーブをくれ!


銀魂

将軍様回は安定。「ブレーキ壊れたぁぁぁ!」は吹いたw


ブリーチ

織姫のエロ展開を期待してページをめくったら、リルカさんのくしゃみプレイが待っていたでござる。これはいい予想外れ。
リルカさんのくしゃみを受けて術が解けるという展開は、大きなお友達はご褒美だし、小さいお友達にはギャグになる、なかなかいいバランスの設定だと思う。


(Cカラー)(連載2回目)めるへん王子グリム

「なかなか到着せずにハラハラさせるカカロット作戦」は笑った。恋愛とお仕事の葛藤要素はギャグマンガであるこれにはあんまりいらない気がする。ともかくテンションを落とさず頑張って欲しい。


エニグマ

スミオに電流走るー(カイジ風に)
「ここは俺たちの通っていた高校じゃないんだ!」←いや、あんなカラクリ仕掛けの時計塔がある時点で疑えよ!


黒子のバスケ

花宮くんもう1枚カードを隠し持っていたが及ばず。自身で点が取れるというスキルはもっと早く出すべきだった。少なくとも第3クォーターの時点で出して試合を決めてしまうべきだった。スラムダンクの名朋工業監督曰く「試合を決めれる時に決めてしまわず、次の機会を待つのは2流のすること」だった・・・。残念。


(Cカラー)バクマン

「10週で打ち切りにしてやる」→「結局面白いPCPを描くのが一番」
なんてこった!てっきり七峰くんの50人にシュージンが紛れ込んで内部崩壊を起こすくらいの事はやってくれると思ったのだが。しかしどうやら七峰君は絵のアドバンテージを埋めるために中井さんを雇った模様。ああ、これは内部崩壊フラグだ。亜城木夢人が何をするまでもなく、七峰くんは沈んでしまうだろう。
あと、平丸さんは相変わらず面白い。「年下の美人に甘えるのが夢でした」・・・僕も平丸さんと同意見です。


ドイソル

3タッチ練習面白い。「意識を広げること」という狙いも的確。この漫画は化けるかもしれない。


トリコ

ゼブラの反響マップの演出及び、小松がその能力を超えて流されているという展開は非常に良かった。ゼブラの凄さも、砂漠の環境の過酷さも、どちらも格を落とすことなく伝わったから。


めだかボックス

恰好をつけない、『』をつけない玖磨川くんデビルカッコイイ!
言っていることは安心院さんの言うとおり支離滅裂でわけわからないんだけど、そこがいい!
要は努力を一切しない(できない)ブスが超絶美人にミスコンに勝ちたいみたいなことなんだけど、その「絶対無理」を「歴史に残る衝撃映像」を僕は見てみたい。
まさに究極体になった玖磨川くんだけど、会長選には出られない立場。どうなるのか来週がすごい楽しみ。


いぬまるだしっ

オチが凄い良かった。たまこ兄貴のダメッぷりが全て出ている素晴らしいオチだった。
しかし覇王子さんは何で元彼と別れたのだろう。容姿さえ乗り切れば間違いなくいい娘なのになあ。


リボーン

もうちょっと大コマで激しくD・スペードさんの「うわああああああああ」が見たかった・・・


スケットダンス

ダンテさんまさに運命の神の奴隷(影響されすぎ)


こち亀

痛車は文化(キリッ)


ぬらりひょんの孫

電車の席で体育座りでこっちを見ている女子高生の霊・・・ありだな!


逢魔ヶ刻動物園

今週の獅子土くんの闘には少年漫画イズムを感じて良かった。少年漫画イズムとは要は心の底から全力で闘い勝利することです。
しかし、完全にバトルものになってしまったなあこの漫画。


保健室の死神

このシリーズ終わったら保健室終わってしまうのではというそんな感じの雰囲気が漂っている。漫画の面白さ的にも打ち切り前の全盛期を過ぎた惰性感がするし・・・