yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 アジアカップ2011準決勝 日本VS韓国 感想

日本(2−2)韓国  PK(3−0) 日本勝ち


緊張感で一杯の試合だった。同点で迎えた後半の膠着状態、延長で1点リードした後の守りの時間、そしてPK戦、常に息を止めているような感じで、心臓に悪かった。
だが、選手全員の見事な頑張りで劇的勝利!ああ、嬉しい!

しかしながら、最後までどちらも譲らない一進一退の好ゲームでした。勝敗を分けたのはPK戦の経験値だったかなとも思いました。


以下、各選手の評価

川島(6.5)・・PK完全封殺なんて初めて見た。神が下りてきたとしか思えない。ゲームでもいいセーブを見せていた。
岩政(6.0)・・ファールが多かったり、1対1で抜かれる場面もあったりしたが、高さに勝る韓国を抑えられたのは彼がいたから。
今野(6.5)・・1点目のPKは誤審だと思う。カバーに1対1に良く体をはって止めていた。
内田(6.0)・・攻守によく走っていた。攻撃時にもっとインパクトが出せる選手だと思うのでもっと存在感を見せて欲しい。
長友(7.0)・・もの凄いスタミナで120分最後まで攻守に貢献していた。1点目の相手DFの裏を走る動きは見事。
長谷部(6.0)・・相手のキープレーヤー、パク・チソンに押されながらも良く抑えていた。影の勝利の立役者。それは足もつるよ。
遠藤(6.0)・・長谷部が守備に多く時間を取られていたので、今日はいつもより攻めに積極的だった。
本田(7.0)・・1点目と2点目の起点。前線でパスにドリブルにキープに獅子奮迅の動きで働いていた。
香川(5.5)・・ドリブルは良かったけど、ボールを持ちすぎていてリズムを崩している場面が後半は特に多かった。
岡崎(7.0)・・裏からの飛び出し、自分での持ち込み、あらゆる方法で相手の驚異になっていた。PKを呼び込んだ。
前田(7.0)・・値千金の同点ゴール。あれは見た目以上に難しいゴール。守備でも良く体を張っていた。


交代選手

細貝(6.5)・・フレッシュな運動量でチームに貢献。PK詰めの1点は豪快ですっきりした!
伊野波(5.5)・・あんまり効いてなかった。
本田拓(5.0)・・同点に繋がる不用意なファールはいただけない。急な出場だがそのあたりはしっかりしてほしかった。


ザッケローニ監督(6.0)・・選手を信じたスタメン構成。細貝投入はまさに狙い通り。ただその後の守備固めの意図は分かるが、ラインが引きすぎて韓国にロングボール入れられ放題だったのはミス采配だったと思う。