yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 11年 08号 感想

ブリーチ休載。ないとなんだかんだで寂しいものだ。

今週のアンケート 1位:めだかボックス 2位:いぬまるだしっ 3位:リボーン


(巻頭カラー)エニグマ

アルくんの才能が異次元過ぎる。しかし今回のエニグマゲームはクリスくんが失敗してた前回と違って、才能に目覚めていてある程度使いこなしている人たちばかりだなあ。これから才能に徐々に目覚めていくという展開も見てみたい。


ワンピース

新魚人海賊団のホーディーさんには残念ながらべラミーさん的な匂いしかしないなあ。この行為をきっかけに魚人を警戒した人間側のどっかの組織が攻めてきて魚人島壊滅事件につながっていくのかな? でも、大海賊時代にたかだか海賊一人がやられたくりじゃあどこも動かないだろうしなあ。


銀魂

ハーレム編決着。歴代銀魂のギャグシリーズの中でも相当に酷いレベルで大いに笑わせて頂きました。どっきりオチは少々パンチが弱く感じられたけれども、これ以外に納得できるオチは自分には全然思いつかないのであった。


ナルト

何故かゾンビ(キョンシー)映画を思い出した。口寄せできないように特殊な布でくるんでおかなければならないとは穢土転生のめんどくさすぎる理不尽さが思い出させたのだろう。


リボーン

雲雀さんが圧倒的すぎる。「シモンファミリー倒すの、もう雲雀さん一人でいいんじゃない」レベル。しかしリボーンの戦闘描写は迫力がある。もの凄く格好良く、爽快に倒しているなあ。これは子供たち大歓喜間違いなしだ。


トリコ

グルメ刑務所のハニープリズンのメイン以降、普通に切られる煮られる焼かれる捨てられるとあって怖く感じた。しかしわざわざ刑務所にこれだけの巨大な設備。トリコの世界ってたぶん地球の数10倍の規模のでかさがあるよなあ。


スケットダンス

森のくんの描いた絵に今週みんなで持ち寄ったLEDを使ってライトアップというオチが既に見えているがはたして・・・


べるぜバブ

その名も『悪魔野学園』 ドン! が意外に自分の中でうけた。今までこの作品のボケは異次元だなあと思っていたけれど、だんだん慣れてきたのかもしれない。


(読み切り)(Cカラー)改造人間ロギィ

タイトル詐欺。実は人間だったとうオチはがっかり以外の何者でもないと思う。鋼の錬金術師が「実はこの鉄の腕と足はコスプレです」とか言っているレベル。キャラの見せ方とか構図選びとかはセンスがありそうなのでもっと話を練って頑張ってもらいたい。


バクマン

新キャラの七峰透くんのキャラが面白い。テンションの高いリア充っぽいかんじだけでも今まで登場した漫画家たちと違うし、「亜城木先生のテイストをエニグマの設定にぶち込んでみました」と自分でいいきっているところが凄い。「オリジナリティ」なんていらないと言い切っているぽいところが斬新だと思う。


(Cカラー)こち亀

デジタルカメラの撮った写真をその場で確認できる機能に慣れてしまうと、フィルムカメラには戻れない。
フィルムの方が味が出るし、偶然性があるから面白いのは分かるだが・・・


保健室の死神

名前って重要だなあと思いました。重要人物である真理也くんよりもツインテール幼女の名前が「美愛(エロス)」なのが気になって仕方が無かった。


逢魔ヶ刻動物園

体育の溝口先生が『タカヤ〜夜明けの炎刀王〜』のミノタウロスに見えた。・・・いや、マニアックだけどさあ。


いぬまるだしっ

レポーターの女の子のツッコミが的確で良かった。再登場希望。そして普通に商店街のマスコットに「ちんこくん」が収まっているのが笑った。あと、上司に怒られて「社会はやっぱりゆるくない」は風刺が効いてて素晴らしいと思いました。


ぬらりひょんの孫

妖怪とおりゃんせさんが先週に引き続き不気味で良かった。しかし、リクオが変身しちゃうと途端に普通のジャンプ漫画になってしまうなあ。


(読み切り)となりのまさみちゃん

とにかくインパクトがあって面白かった。しかし作者普通に恐怖漫画描いた方がいいじゃないかとも思った。


めだかボックス

玖磨川くんは仲間思い。だって彼は過負荷のヒーローだからね。当然ですよ。「自分のキャラを作り直してくる」発言で、次に登場するときはさらなるパワーアップに期待大です。


黒子のバスケ

木吉くんが『鉄心』の二つ名にふさわしい粘りを見せる。一方花宮くんは何もしていない気がする。『悪童』の名にふさわしい相手が絶対にコートに戻ってこれず反則にもならない必殺ファウルとか見せてほしい。


ライトウイング
おお、やっとメインの三人以外にも名前が出てきたか!しかし巻いている感じが半端ない。終わりが近い気がする・・・