yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーアジアカップ2011 予選 日本VSサウジアラビア 感想

日本(5−0)サウジアラビア 日本勝ち


いやっほぉぉぉー!岡崎サイコー!!
というわけで岡崎のハットトリック含む大量得点で日本快勝。既に2敗で予選敗退が決定していてやる気のない相手とはいえ、久しぶりに胸のすかっとする試合だった。
松井の離脱、本田の負傷など、不安要素があるなかで、控えの選手達がきっちり仕事をしたのはこれから決勝トーナメントを闘っていくうえでいい収穫だったと思う。
さあ、次戦は決勝トーナメントでカタールだ。完全アウェーだけど、ウズベキスタンよりはやりやすいだろうから確実に勝って欲しいなあ。


以下、各選手の評価です。


スタメン

西川(6.0)・・危ない場面はほとんどなし。空中戦での競り合いも負けてなかった。素早いリスタートの意識は川島にはない彼の特長だと思う。
吉田(6.0)・・守りは安定。コーナーキックなどの攻め時のヘディングはもっと積極的にいった方がいいと思う。
今野(6.0)・・今回の試合では連携時のミスなし。サウジが個人で攻めていたので対人が強い彼にはまったく問題がなかった。
内田(5.0)・・攻撃時にあまり効果的に動けず、守備の戻りも遅かった。不用意なイエローも低評価。
長友(6.0)・・アシストも決めるなど攻撃時は効いていた。守りは普通。
長谷部(6.0)・・今日は前にあまりでずに中盤の底でバランスとっていた。サウジのマークがほとんどなく動きやすそうだった
遠藤(6.5)・・サウジのプレッシャーがほぼないので何本も効果的なロングボールを入れて、チームの攻撃のリズムを作っていた。先制アシストは流石。
香川(6.0)・・ドリブルや飛び出しなどでサウジのDFをかき乱し、マーカーを引きつけていた。しかしゴールは奪えず。そろそろ。ゴールが欲しい
柏木(6.0)・・前半は消えている場面もあったが、後半最後まで落ちない運動量でチームに貢献していた。本田の代わりを彼なりに十分果たした。
岡崎(8.0)・・ハットトリックに献身的な守備。今日は岡崎の日だった。特に3点目は彼の成長を感じさせるゴールで素晴らしかった。
前田(7.0)・・ニアのクロスに合わせる動きとワンタッチの技術は流石。今日の2得点がエースとしての自覚と自信になってくれると嬉しい。


交代選手

伊野波(6.5)・・後半から出場。最初は緊張していたが、積極的に動くことによりそれを解消したメンタルは見事。攻守によく動けていた。
岩政(5.5)・・もはやサウジやる気がなかったので、特にピンチの場面はなかった。落ち着いてプレーしたのは良し。
本田拓(−)・・時間が短いので評価できず。


ザッケローニ監督(6.5)・・交代選手の使い方は良かったと思う。やっとチームが機能してきた感じして良かった。