yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表親善試合 VSアルゼンチン戦 感想

日本(1−0)アルゼンチン  日本勝ち

ザッケローニJAPANまさかの初陣大勝利!
チーム全体の守備意識が高く、アルゼンチンの個人技に振り回されながらも、最後の決定機を作らせなかった。そして中盤より前でボールをとっての素早いカウンターを使って攻めるなど、選手個人個人が自分の役割をしっかりこなしていて、見ていて安定感があったし、何より楽しかった。最高のゲームでした!
当初は日本(1−3)アルゼンチンくらいで及第点だと予想していただけに、良い意味で予想を裏切ってくれました。今の日本代表は強い!


以下、個人の採点(今日は6.0以下はつけられないなあ)

スタメン

川島(6.5)・・相手キーパーと違いミドルシュートもこぼさずしっかりキャッチしていた。メッシのシュートを止めたのも見事。
栗原(6.5)・・最初はヒヤヒヤしたが、落ち着きを取り戻したあとは空中戦などでことごとく勝っていった。
今野(6.5)・・本職ではないCBをそつなくこなしていた。対人で強さを発揮していた。
内田(6.5)・・攻撃参加の積極性を含めて広い行動範囲を持ち前の運動量で走り回っていた。
長友(7.0)・・攻撃に守備に要所要所で顔を出して勝利に貢献していた。スタミナ、フィジカルモンスターかと思った。
遠藤(6.0)・・守備に奔走されていて本来の持ち味が出せてなかった印象。しかし相手が相手だけにしょうがない。不満はなし。
長谷部(7.0)・・守備の中心としてアルゼンチンの攻撃を紡いでいた。素晴らしい動き。先制点につながるミドルも良かった。
岡崎(7.5)・・長谷部のミドルに対して抜群の嗅覚でゴール前につめていた。守備面でも内田の上がりをうまくケアーしていた。
本田(6.5)・・体の強さでボールをキープして攻撃の起点になっていた。ヘディングでも強さを発揮。FKは決まって欲しかった。
香川(6.5)・・攻撃に持ち前のドリブルで変化を付けていた。結果敵に実らない場面が多かったが、相手に驚異を与えていたと思う。
森本(6.0)・・前線から守備はできていたけど、攻撃時に存在感は見せられなかった。

交代選手

前田(6.5)・・ターンで敵を振り切ったり体の使い方の巧さを魅せてチャンスを演出。だが1対1の決定機を決められないのは痛い。
関口(6.0)・・パススピードが遅すぎてカットされまくっていた。初出場だから仕方がない部分があるので、修正してほしい。
阿部(6.5)・・守備に効いていた。さすがの安定感。
中村(6.5)・・終盤の体力が落ちてきた場面でチームを落ち着かせていた。アルゼンチンの最後の抵抗を巧く収めた。
西川(6.0)・・アクシデントで出場だったが、落ち着いてプレーできていた。

監督

ザック(7.5)・・今日のチームの守備意識の高さは間違いなくザックがもたらしたものだと思う。交代も効果的で見事。