yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 10年 43号 感想

来週はついにワンピースが帰ってくるぜい!楽しみだ−!!

(巻頭カラー)ブリーチ

さらば藍染様。ここ数週は夜神ライトにも通ずる没落ぷりを見せて頂き非常に面白かったです。
さて、一護も死神の力を失ったし、クラスメイトなども総出演した今回のシリーズ、これでブリーチの物語も終わりかなとも思いましたが、「霊王」とかのキーワードも出てきたのでまだまだエクストラステージへと続きそうですね、これ。


NARUTO

「夢が叶ったらいつかみんなでここに帰ってこよう。そしてみんなで祝福するんだ」・・・うん、結果だけ見れば小南さんたちは利用されたあげく殺された、まさに夢破れた者たちなので、カエル板が返るといことにより「あの頃に戻った(帰ってきた)」とは素直に思えなかったなあ。


トリコ

トリコでも生き残るのにギリギリ感が伝わってきて良かったです。ノッキングマスター次郎が若返っているのはノッキングの力なのか?


リボーン

「やはりお前は炎をフルチャージしなければ倒せない男」の意味は分からんが、とにかく熱いのでよし!


ぬらりひょんの孫

羽衣狐様はやはりセーラー服が一番似合うなと思った。鵺はもっとおどろおどろしさがあった方が良かったかも。


(Cカラー)バクマン

白鳥くんはどうやら漫画に面白さと自身の居場所を見つけたみたいなので是非頑張って欲しいが、それだとサイコ−とシュージンの取り合いになってしまうんだよな。
・・・幼なじみ、妻、おっぱい、ツンデレ、男の娘、本当なんなんだこのシュージンのハーレム漫画は!?


銀魂

ヅラ娘が柴田亜美に見えたのは世界中でただ一人俺だけだと思う・・・


スケットダンス

オチのマロンの漫画の金髪先生は彼女にしては個性が薄い作品だと、どうでもいいところで心配になった。


(Cカラー)(第2回)ライトウイング

この漫画のとんでも具合のバランスは非常に悪いと思います。『キャプテン翼』や『テニスの王子様』などの偉大なる先駆者は、最初はある程度真似できるプレーをしていましたし、子供に大人気『稲妻イレブン』は最初からはっちゃけファンタジー路線です。Jリーグとかメッシとか固有名詞を出しているのにリアルな部分が微塵もない。だけどファンタジーでもない。もっとも感情移入がしにくい所で勝負していると思います。長続きしないんじゃないのかなあ・・・


エニグマ

自分と他人(写真などの無機物)も一瞬消せるとか普通にチート能力だと思います。ここまで唯の超能力お披露目漫画で、謎解きなどのミステリー要素やサスペンス要素が薄い(全部能力で解決しちゃう)のは期待ハズレとしかいいようがない。


(Cカラー)黒子のバスケ

桜木花道「引っかかっても2回とぶー!」


べるぜバブ

悪魔話復活。この漫画はいろいろな要素を詰め込むだけ詰め込んで、どこにいくか分からない不安定さがある。今まではそれは駄目だと言ってきたけど、その不安定さを楽しむのをありかと思えてきたので、しばらくはそれを楽しみたいと思います。


保健室の死神

安田くんモザイク。こういうメタネタが本編であるのはこの作品的には少し違和感がある。安田くんはそうでもしないと止められないのだろうか・・・


逢魔ヶ刻動物園

水族館の幹部の面々のデザインは元の動物の特長を捉えていて非常に良いと思いました。それは動物園側も同じで、造形はレベルが高いのに、どうしてそれが面白さに繋がらないんだろう? 主人公の魅力とかなのかなあ?


いぬまるだしっ

これがリアル「仲良く喧嘩しな」か・・・。まあ、実際にこのトンちゃんとコンちゃんの園長コンビは仲が良いと思います。だって下剤入れられたり、罠をしかけられると分かっているのに、好きな人をばらしたりとか秘密を共有しているんだぜ。端から見ていると壮絶なネタ振りをし合っているようにしか見えないw


めだかボックス

「過負荷は見なければいいのだ」はどこの男塾理論ですか。う〜ん、恐怖やトラウマの類ってそんな単純なものでは正直ないと思う(「眼中にない」の台詞回しは巧いけど)。あと玖磨川くんが圧倒されている展開も個人的には疑問符がつく。善吉はたしかに強いけど、玖磨川くんは一人で善吉よりも強い最強・高千穂先輩とか技巧派・雲仙先輩とかを含めた実力者12人を葬っているから、単純な戦闘力でも善吉よりも上だと思うんだけどなあ。


こち亀

溶接仮面こえー!エレベータに乗ったら下りるまでの間に全て扉が溶接されていましたとか、ホラー以外の何者でもないw


SWOT

ブコメ投入。しかしそれではテコ入れにはまだまだ弱いぞ杉タン!